働く上で大切なこと! 職場における3つの安全対策

近年、職場環境の見直しが求められている背景には、技術革新やサービス化の進展、高齢化や女性の社会進出の増加があります。
職場でのストレスや疲労を訴える現代人が急増している今の時代だからこそ、職場環境の改善が呼び掛けられるのは、当然の流れなのかもしれません。
労働安全衛生法では事業主に対して、快適な職場環境の形成が義務付けられています。
しかし、実際働いている人たちは、職場にどのような危険があり、どのような安全対策が設けられているのか把握していないのが現状です。
今回は、職場での安全対策の方法や、安全衛生活動の進め方についてご紹介します。

快適に仕事が出来るための環境管理

まず一つ目が、環境管理についてです。
職場で働く人たちの健康を害する要因を取り除き、より良い環境で作業を行えるようにするための対策であり、適切な温度や照度の維持管理が望まれます。
社内禁煙または喫煙場所の設置などもこれに含まれ、労働者が不快と感じることのない職場環境を作り出すことを目的としています。
さらに、外部からの騒音に対する措置、適切な作業空間や通路の確保を図ることも、環境管理の一環と言えます。

労働者の負担が大きくなりすぎないための作業管理

作業中に起こり得る怪我や健康障害を未然に防ぐために、労働者の作業姿勢や作業時間の管理を行うのが作業管理です。
具体的に言うと、次の通りです。

  • 腰や首など身体の一部に負担がかかるような不自然な姿勢で作業を行っていないか
  • 相当な筋力を要する作業の場合は装置の導入によって負担を軽減しているか
  • 必要と考えられる場合は防熱や遮音壁の設置をしているか
  • 高い緊張状態の持続が求められる作業では、緊張を緩和するための装置を導入しているか

前向きに仕事に従事できるための健康管理

日々の労働に集中し、向上心を持つために必要なことは、健康な身体の維持です。
労働者の健康管理は職場での円滑化を図る上でも非常に重要なものであり、精神的なストレスを始めとする健康被害をなくすための対策をしなければなりません。
例えば、休憩室やシャワー室の設置、精神的ストレスや疲労を相談できる相談室の設置、労働者向けの運動施設の設置などがこれに当たります。
また、職場における社員の健康診断についても、年に1回の実施が義務付けられています。

まとめ

今回ご紹介したのは職場における安全対策のうちのほんの一部ですが、参考になりましたでしょうか。

  • 快適に仕事が出来るための環境管理
  • 労働者の負担が大きくなりすぎないための作業管理
  • 前向きに仕事に従事できるための健康管理

仕事をするということにはどのような危険が伴うのか、それを防ぐために職場ではどのような安全対策をしなければならないのか、知っておくことは非常に大切です。