働きやすい職場環境とはどのようなものなのか? 実現する方法を知りたい方へ

働きがい転職を考えている人が増えている現代、今の職場を辞めたい理由は人によってさまざまです。
人間関係や給料関連などが挙げられますが、「職場環境が悪い」という理由も目立ちます。
職場の環境が悪いと健康被害も出てきますし、仕事場に行くのが億劫になってしまうでしょう。
職場環境は労働者にとって大切な部分でもあります。
では、どのようにすれば職場環境が良くなるのか…“働きやすい職場環境”についてみていきたいと思います。

1番重要な“人間関係管理”とは?

働きやすい職場環境をつくっていくために実際におこなっていることがあります。
それは“人間関係管理”です。仕事場は必ずしも自分だけの場所ではありません。
同じ会社の人間が多く出入りするところですし、同僚や上司とたくさんの人間がいます。
チームワークが大切な仕事はなおさらのこと、人間関係が良好でなければ仕事にも支障をきたす恐れがあるものです。
人間関係管理では、チームワークを作り上げ、その仕事に対して満足感を得られるようにしていく事例となっています。
人間関係に欠かせないコミュニケーションは大切なことなので、会社全体が個々のコミュニケーション能力をあげるために取り組んでいかなければなりません。
最近では、いろいろな会社による対抗戦・運動会が開催されていたり、社内旅行が企画されたりと積極的になりつつあります。
職場の人たちと交流できるように会社全体で人間関係管理をおこなっていくことが大切です。

「働きがい」「働きやすさ」があるかどうか

大好きな仕事でもその仕事内容に見合っている給料でなければ不満を持ちます。
給料が低いからとの理由で仕事を辞めた人も多いのではないのでしょうか。また、自分がしたい仕事をさせてもらえない、自分のスキルや経験にあった仕事がないなどなど「働きがい」「働きやすさ」が失われている職場環境はNGです。
厚生労働省がおこなった調査によると、「働きがい」と「働きやすさ」を感じている会社のほとんどは、仕事に対しての意識・意欲が非常に高い傾向がみられます。
また、そのように感じている労働者が多い会社ほど業績も伸びているのです。
このようなことから、働きやすい職場環境をつくっていくためには、「働きがい」「働きやすさ」を高める必要があります。
人材育成・業務・組織管理、福利厚生、安全管理、精神衛生など雇用管理制度を見直していかなければなりません。

働きやすい職場環境をつくるための施策

厚生労働省が運営している「働きやすい・働きがいのある職場づくりサイト」があります。
そこでは事例が紹介されていたり、調査結果、施策の紹介などなどさまざまなことが記載されているのでぜひチェックしてみてください。
施策をひとつ紹介してみると、「中小企業労働力の確保法」があります。
中小企業労働力の確保法とは、厚生労働省がおこなっている支援措置のひとつです。
中小企業が雇用管理についての改善計画書を各都道府県に提出し、認められた場合に支援が受けられるようになっています。
福利厚生や採用の改善、労働時間設定などなど全部で6項目あり、そのなかから選ぶことができます。ほかにも助成金などの支援をおこなっているので要チェックです。

まとめ

会社の売り上げをあげるためにも、“働きやすい職場環境”づくりはとても大切なことです。
労働者が「働きがい・働きやすさ」を感じている会社はほとんどが売り上げが向上しているのです。
働きやすい職場環境は今後の会社運営にも大きく関わってくるのではないのでしょうか。