振替休日と代休の違いとは? 実は賃金の支払い方も異なります。

時期によって仕事の忙しさが異なるという職種は、少なくありません。
場合によっては休日を潰して仕事をしなくてはならない、ということもあるでしょう。
このようなときに使われるのが、振替休日と代休です。
しかし、この違いが分からない方も多いと思います。
そこで、今回は振替休日と代休の違いについてご説明しましょう。
どちらも休日に出勤した代わりに休むという点では同じですが、申請の仕方や給料の支払い方などが違うのです。
覚えておかないと、損をしているかもしれません。
これから正社員として働いたりアルバイトをしたりするという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 代休と振替休日の違いとは?
  2. 休日出勤を命じる際の注意点とは?
  3. 派遣でもアルバイトでも労働条件は同じ
  4. おわりに

1.代休と振替休日の違いとは?

代休と振替休日というのは、休みの日に仕事をして別の日に休むという点では同じです。
しかし、このふたつは賃金の支払い方や定義が違います。
この項では、その違いを分かりやすくご説明しましょう。

1-1.振替休日とは?

振替休日とは、事前に「休日出勤をすること」が決まっている場合に設定される休日です。
仕事によっては、特定の時期に忙しくなるものもあるでしょう。
また、野外で作業をする必要がある仕事の場合は、天候によって計画がずれる場合もあります。
このように、「あらかじめ出勤してほしい休日」が分かっている場合、代わりの公休日として使われるのが振替休日です。
ですから、少なくとも前日までには振替休日の日程を決めておく必要があります。
また、通常は休日出勤になると手当として3割5分増しの賃金を払わなければなりません。
しかし、振替休日の場合は事前に労働者が経営者の提示する休日の振替に同意しています。
ですから、休日手当を払う必要はありません。
しかし、週をまたがって振替休日を設定した場合は、休みが1日少なくなるわけですから割増賃金が必要です。
例をあげると、日曜日に出勤して月曜日を振替休日にした場合は休日手当がいりません。
しかし、日曜日に出勤して翌週の月曜日を振替休日した場合は、週休が1日になってしまうわけですので休日手当が必要です。

1-2.代休とは?

仕事によっては急に忙しくなる場合もあるでしょう。
たとえば、日程が押して農機が間に合わない場合や、急にたくさん注文が入った場合などです。
そのようなときは、前日になって「すまないが、明日の休日は出てくれないだろうか」と頼まれることもあるでしょう。
このような場合は、後日に休みの日が決められます。
これが「代休」です。
代休の場合は本来休むべき休日に出勤し、そのかわり労働日を休日にします。
ですから、どのような事情であれ賃金は割り増しで払わなくてはなりません。
なお、この割増賃金は正社員でも派遣でも、アルバイトでも払う必要があるのです。
しかし、アルバイトなどでは休日がはっきりと決まっていない場合もあるでしょう。
その場合は、月の初めに組むシフト表がカレンダーになります。
「ここからここまで入ります」と決めた場合は、それ以外が休日になるでしょう。
ですから、急に「明日入ってね」という場合は本来なら、休日手当が支払われなければなりません。

2.休日出勤を命じる際の注意点とは?

人は永遠に働き続けることはできません。
ですから、必ず休みが必要です。
労働基準法では「1週間に必ず1日、4週に4休日を与えること」と定められています。
また、週休2日の場合は、1週間の内1日は法律に定められた「法定休日」もう1日が、就業規則に定められた「所定休日」にしている企業もあるのです。
しかし。入社する際に「わが社は週休2日です」という触れこみだった場合は、週休2日が原則になります。
入社してから「実は週休は1日だった」ということにはできませんので、注意してください。
また、法律では1週間に40時間(条件付きで44時間)以上の労働をする場合は、割増賃金などの条件を労働者と経営者の間で締結し、それを労働基準監督署長に提出しなくてはなりません。
この「条件」というのが、休日手当だったり残業代だったりするわけです。
また、極度に忙しい時期がある仕事の場合も、あらかじめ労働条件などを取り決めておく必要があります。
ですから、単に「人がいないから、正社員が休日返上で働いてね」というわけにはいきません。
年中無休で仕事をしている会社の場合は、アルバイトやパートなどを使って労働時間を調整しているとことはほとんどでしょう。しかし、その調整を正社員の長時間勤務で賄ってはいけません。
1日も休みがないまま1か月も2か月も働き続けているという場合は、明らかに法律違反です。

3.派遣でもアルバイトでも労働条件は同じ

一時期、給与が低く休みもろくに取れない会社が「ブラック企業」といわれていました。
現在もブラック企業は存在していますが、一時期に比べると社員が声を上げることも多くなってきています。
しかし、今はアルバイトに無理なシフトを組ませたり給料を払わなかったりする「ブラックバイト」が問題になっているのです。アルバイトというと、以前は学生や主婦があいた時間を利用して行うものでした。
給料が低い代わりに責任もなく、嫌になったらすぐに辞められる「お気楽な働き方」というイメージが強いです。
しかし、正社員の減少にともない、現在はアルバイトがいないと仕事にならないという会社も少なくありません。
その結果、アルバイトに無理なシフトを組ませたり辞めさせなかったりする会社が増えているのです。
特に、ブラック企業の場合は、法律を無視してアルバイトと正式な契約を交わさずに無理な働き方をさせるところもあります。
また、労働組合にも属していないので、何かあってもだれにも相談できないことが多いのです。
しかし、いくらアルバイトとはいえ1週間びっしりと休みなしに働いたり、急に呼び出されて仕事をさせられたりするのは違法になります。
また、1か月前に辞職したい旨を伝えれば違約金が発生することもないのです。
ですから、アルバイト、パート、派遣社員でも振替休日や代休は使えます。
もし、休みをもらえなかったり手当がついていなかったりした場合は、タイムカードなどの証拠になる品をもって、最寄りの労働基準監督署に相談に行ってください。
また、今は業種にかかわらずアルバイトや派遣ならば参加できる労働組合もあります。
インターネットで相談を受け付けていますので、相談してみてもよいでしょう。

4.おわりに

いかがでしたか? 今回は代休と振替休日の違いについてご説明しました。
まとめると

  • 振替休日は、休日出勤日より前に決まっているもの。
  • 振替休日は最低でも休日出勤日の前日に決めなければならない。
  • 同じ週に振替休日を設定する場合は、休日手当は必要ない。
  • 代休とは、休日出勤日よりも後に決定する労働日を休みにする日のこと。
  • 理由は何であれ、休日手当が必要

ということです。
日本では、昔から会社に尽くすことが美徳とされる考え方があります。
ですから、「仕事が忙しければ、休んでいられない」と給与に関係なく働く人々も多かったのです。
しかし、現在では経営者が労働者の善意に頼りすぎて労働者の権利をないがしろにする事例が多くなっています。
労働基準監督署の審査も厳しくなっているでしょう。
また、一度労働者の権利をないがしろにしている企業だとうわさが立ってしまうと、社会的に大きなダメージを受けます。
ですから、できるだけ休日出勤をさせないように、させた場合は法律に基づいて賃金を払うようにしましょう。