社員満足度を向上するための施策について~衛生管理者に必要な知識~

「社員満足度」は働きやすい職場環境をつくるために必要不可欠です。
最近では、重労働や残業、ブラック企業などの言葉をよく聞くようになりました。
従業員・社員は企業にとって大切な存在になります。
だからこそ、社員満足度を上げるために衛生管理者が仕事をしなければなりません。
そこで、社員満足度の基準や社員満足度を向上するための施策、社員満足度を向上する注意点・ポイントについて説明します。

目次

  1. 社員満足度の基準
  2. 社員満足度を向上するための施策
  3. 社員満足度を向上する際の注意点やポイント
  4. まとめ

1.社員満足度の基準

社員満足度は「従業員満足度」とも呼んでいます。
社員満足度が高ければ高いほど、従業員の意欲もわくものです。
働きやすい環境づくりをしなければならない「衛生管理者は「社員満足度の基準」について把握しておきましょう。

1‐1.社員満足度=Employee Satisfaction

社員満足度(従業員満足度)は「Employee  Satisfaction」は従業員が職場で実感している満足度のことです。
職場に不満を抱いている社員が多ければ多いほど社員満足度は低くなります。
満足度の高さは企業の業績につながるとても大切なものです。
企業や会社はCS(Customer Satisfaction)、顧客満足度が大切だと言われています。
顧客満足度は最も大切ですが、CSに大きな影響を与えるのが社員満足度なのです。2つはとても深い結びつきを持っています。
つまり、企業価値は社員満足度の高さにつながっているのです。
企業が長く利益を生み出していくためには、働いている従業員たちの満足度を上げなければなりません。

1‐2.社員満足度の基準は主に5つ

社員満足度の調査は企業によってさまざまです。
主に従業員へのアンケートによって満足度を調べます。
アンケート内容は企業によってバラバラなので基準は異なるものです。しかし、主な基準は5つあります。
心身の健康状態はもちろんのこと、「職場」「仕事」「上司」「会社」「人事施策」の5つが主になるでしょう。
職場における方向性は仕事の能力・内容につながります。
職場環境・福利厚生に対する意見も非常に大切です。
そして、直属の上司や同僚とのコミュニケーション、人事制度も社員満足度の基準に入っています。
それぞれ標準質問は決まっていますが、会社によって質問項目は追加できる仕組みになっているのです。

1‐3.社員満足度調査の効果とは

働きやすい職場をつくるために「社員満足度」はとても大切なものになります。
社員満足度を把握するには調査をしなければなりません。
社員満足度調査に効果はあるのか疑問に思っている人は多いでしょう。
そこで、社員満足度調査の効果について詳しく説明します。
調査の結果によってCSの向上を図ることができ、従業員のやる気をなくしている要因が把握できるのです。
また、普段聞くことのできない従業員の気持ちも知ることができます。
実際の現場で起こっている出来事や問題を知ることは改善策に大きく役立つのです。
働きやすい環境づくりのためにも、社員満足度調査を実施してくださいね。

2.社員満足度を向上するための施策

2‐1.まずは「社員満足度調査」を実施する

衛生管理者は従業員と経営者のかけはしになる大切な役目を持っています。
従業員の声を経営者に届け、職場改善につながる対策を立てる重要な立場です。
社員満足度を向上するため、まずは「社員満足度調査」を実施してください。
現在、社員が抱いている思い、職場に対する不満や悩みを知らなければなりません。
社員満足度がどのくらい高いかどうかアンケートを作成しましょう。
アンケート内容は先述したとおり、基準となる5つの項目が入ります。
自分で質問項目を考えるのも良いですが、テンプレートを利用するのも1つの方法です。社員満足度調査の質問テンプレートを提供しているサイトがあります。
勤めている企業・会社の方向性に合った質問項目を入れて作成してくださいね。

2‐2.調査結果から原因と改善策を考える

社員満足度調査結果から原因と改善策を考えます。
企業によって社員がやる気を失う原因はさまざまです。
会社の経営に将来が見えなくなった、職場環境が悪い、労働条件に不満がある、やる気を感じないなどさまざまな内容が出てくるでしょう。
社員のやる気をなくしている原因を見つけて、改善策を考えることが大切な施策ポイントになります。
社員が不満を感じている点を改善していきましょう。
主な施策としては「社内制度」の見直しや導入があります。
人事制度において、従業員の能力に合った仕事や賃金制度、特別手当、育児・介護休業制度など福利厚生も大切です。
働いている従業員たちは何を望んでいるのか、会社に期待していることは何なのか考えてみましょう。

3.社員満足度を向上する際の注意点やポイント

3‐1.従業員を評価する会社・企業の姿勢

社員満足度を向上する際の注意点は「会社・企業の姿勢」です。
衛生管理者がいくら試行錯誤をしても会社の経営者が姿勢を見せなければ意味がありません。
従業員のほとんどは「賃金」に不満を持っています。
従業員が求めている労働条件を提示し続けることは、正直、会社・企業には難しい課題になるでしょう。
すべての従業員が満足できるほどの労働条件を提示し続けることは難しいものです。
しかし、従業員が「会社はきちんと従業員を評価してくれている」と実感すれば安心できます。
よって、会社・企業は従業員を評価している姿勢を見せることが大切です。
最近では、社員満足度向上のために人事の基準を公開する企業が増えていますよ。

3‐2.社員満足度が高い企業は「経営理念」がしっかりしている

社員満足度を向上するためにさまざまな施策をしている企業はあります。
満足度が高い企業を調べてみると、ある共通点を持っていました。
共通点は「経営理念」がしっかりしている点です。経営理念が明確になっています。
経営理念は会社の方向性を示す大切な表示です。
そして、従業員が仕事に対する思いを明確にするためのものでもあります。
経営理念が明確になっていると同時に、経営方針もハッキリしているところは社内に活気があるものです。
「入社して良かった」と感じる新人社員が多く、将来に期待しています。
実際、衛生管理者として会社の経営理念・経営方針が明確になっているかどうか確かめてください。
社員満足度調査とともに、経営理念・方針を改めることも大切なポイントになりますよ。

4.まとめ

社員満足度の基準や社員満足度を向上するための施策、向上する際の注意点やポイントについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
衛生管理者は従業員の思いを1番に考えて職場環境をつくらなければなりません。
従業員が働きやすい職場づくりをする大切な役目を担っています。
社員は実際どれだけ満足を得ているのかどうか、社員満足度で調査しましょう。

  • 社員満足度と顧客満足度の深いかかわり
  • 社員満足度の基準は主に5つ
  • 現場で起きている出来事や問題点がわかる
  • 「社員満足度調査」を実施する
  • 調査結果から原因と改善策を見つける
  • 従業員を評価する会社、企業の姿勢が大切
  • 社員満足度が高い企業は「経営理念」が明確

以上のポイントは要チェックです。
従業員の声を聞くチャンスをつかみ、職場の向上につなげてください。
社会満足度は顧客満足度につながるのでとても大切ですよ。