衛生管理者の人気参考書をまとめて紹介! 資格を目指す方必見の情報も!

衛生管理者は国家資格の一つで、従業員が安全で衛生的に仕事ができるよう職務を取り行うのが役割です。業種を問わずに従業員が50人以上いる職場には専任が必要になります。そのため、就職や転職に有利と人気の資格です。

今回は、衛生管理者の参考書の選び方や人気の参考書についてご紹介しましょう。衛生管理者は受験資格こそあるものの、独学で勉強しても合格は可能です。今回は、独学以外の勉強法もご紹介しましょう。衛生管理者の資格取得を目指す方は、ぜひこの記事を勉強の参考にしてください。

  1. 衛生管理者とはどんな資格?
  2. 衛生管理者の試験内容と難易度は?
  3. 衛生管理者の参考書の選び方と独学の注意点
  4. SATの教材を試してみよう
  5. おわりに

1.衛生管理者とはどんな資格?

衛生管理者とは、従業員が安全に衛生的に仕事を行えるように職場を調える職務を行える資格です。一例をあげると、健康診断の日程の調整や結果の管理。さらに、衛生教育や週に一度の職場巡視などです。

また、衛生管理者はどのような職務や雇用形態であれ、従業員が50名以上いる職場では専任が必要になります。たとえば、従業員のほとんどがどこかに派遣されていて事務所に責任者だけが残っているような職場でも、その職場に50名以上の従業員が所属していれば、専任が必要です。ですから、大企業ほど衛生管理者の需要は高いでしょう。

衛生管理者の試験は最低でも1年以上の実務経験がないと受験できません。ですから、衛生管理者の資格を取得しているということは、衛生管理の実務経験はあるということの照明にもなります。そのため、転職にも有利ということで人気の資格です。

なお、衛生管理者には1種と2種があり、1種を取得すればすべての職種の衛生管理を行えます。ですから、2種を取得した方も実務経験を積んで1種を取得する方が多いでしょう。

2.衛生管理者の試験内容と難易度は?

この項では、衛生管理者の試験内容と難易度についてご紹介しましょう。どのような試験が行われるのでしょうか?

2-1.衛生管理者の試験内容は?

衛生管理者の試験は、労働衛生・関係法令・労働生理の3科目になります。第1種の場合は、労働衛生と関係法令がそれぞれ「有害業務にかかわるもの」と「有害業務にかかわらないもの」に分かれているのです。

なお、第2種を取得している方が第1種の試験を受験する場合は、労働生理の科目が免除になります。この3科目をそれぞれ40%以上、全体では60%以上得点できれば合格です。

ただし、1科目でも40%を下回ると、それ以外の科目がすべて満点でも合格できません。注意しましょう。

2-2.衛生管理者の合格率は?

衛生管理者の合格率は、60%~70%とかなり高いです。国家試験でこの合格率ということは、かなり易しい試験なのでは?と思う方もいるでしょう。しかし、衛生管理者の合格率は高いのには理由があります。

衛生管理者の試験が行われるのは、1か月に2〜3回です。すべての都道府県で実施されるわけではありませんが、東京や大阪などの都市部に住んでいれば毎月試験を受けることも可能でしょう。つまり、1年に10回以上の試験を受けることもできるのです。

また、衛生管理者の試験問題は過去問から似たようなものが出題されることも多く、試験を受けるほど高得点が取りやすくなります。そのため、合格率が高くなるのです。

通常の国家試験は年に1度、多くて2度ですから本当の合格率を知りたい場合は、今年初めての試験後の合格率を調べる必要があります。すると、合格率は25%前後です。決して易しい試験というわけではありません。

2-3.衛生管理者の難易度は?

資格試験を紹介しているサイトなどによると、衛生管理者の難易度は「普通」です。この普通とは、「予備校などに通って特別な受験テクニックを身につけなくても、参考書を勉強していれば合格できるよ」ということ。つまり、試験問題は比較的素直なものが多いのですが、一夜漬けや全く勉強せずにヤマカンで合格できるほど甘くありません。一発合格を目指すならば、勉強時間や勉強方法を工夫する必要があります。

3.衛生管理者の参考書の選び方と独学の注意点

この項では、衛生管理者を独学で勉強する場合の参考書の選び方や、人気のある参考書、そして独学で勉強する際の注意点をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

3-1.衛生管理者の人気の参考書は?

独学で衛生管理者の勉強をする場合、参考書と過去問題集を購入しましょう。衛生管理者の参考書は、大型書店やAmazonなどのインターネット通販で購入できます。

3-2.実際にどのような参考書があるの?

図解 第一種衛生管理者過去問題完全攻略

暗記しにくい数字などが巻末に整理されていたり、図解式のわかりやすい解説があったりと、直前対策に最適です。完全攻略というだけあって細かく書かれています。短時間で試験対策行いたい人向けです。

詳解 第2種衛生管理者過去6回問題集

本書で勉強を進めていくと、どのような知識を求められているのかを把握することができるので、過去問とは違う問題でも対応できると思います。別冊の解答解説でスムーズに勉強できる点も良かったです。

第二種衛生管理者試験 完全対策問題集

出題項目ごとに過去問が分類されていて、とてもわかりやすい構成になっています。また、よく出る用語・数値・図がまとめられていたり、8回分の試験問題・解答解説や、2回分の予想問題が掲載されているので、試験の傾向の把握と対策がバッチリ行える一冊間違いなしです。

詳解 第1種衛生管理者過去6回問題集

解説がわかりやすいのはとても良かったです。最初はわからなくても、少しずつでも解説を理解して繰り返し何回も問題を問いていけば、丸暗記ではなく理由をきっちりと説明できる答えが導き出せるようになります。

第1種衛生管理者完全合格ドリル―厳選過去問と予想問題

同じ著者のテキストで基本を勉強してから本書を利用すると良いです。実際の試験よりも少し難しく設定された10回分の予想問題が入っていますが、このくらいのほうが勉強になると思います。解答用紙をコピーして何回も何回も模試を繰り返す、これでバッチリです。

3-3.参考書を選ぶポイント

Amazonでは、売れ筋や評価の高い書籍順に並び替えができますので、どんな参考書が人気なのかが一目で分かるでしょう。独学で衛生管理者の資格を取得した方が、勉強の仕方などを記したブログなども、多数公開されています。そのようなブログでも自分が使った参考書などが公開されているので、参考にしてください。また、改訂を重ねている参考書の方が、使いやすいです。

衛生管理者の試験は、法律がよく出題されます。法律の改定は決して珍しいことではありません。ヤフーオークションをはじめとするインターネットオークションでは、中古の参考書も多数出版されてますが、情報が古くて使い物にならない可能性があります。参考書は決して安いものではないのでオークションで安く落札したいと考える方もいると思いますが、出版年月日をよく確認してください。

3-4.独学の勉強の仕方と問題点

衛生管理者の勉強方法は、暗記が中心となります。参考書を読んで覚えたなと思ったら、過去問にチャレンジしましょう。完全に理解して覚えられたのならば、過去問題も解けるはずです。解けない場合は、もう一度参考書を勉強しましょう。これを試験の日まで続けてください。地道な勉強法ですが、これが一番効果はあります。

しかし、衛生管理者の試験を受ける方の多くが、仕事をしながら勉強をしているでしょう。
衛生管理者の試験範囲は広く、勉強時間が足りないことも珍しくありません。また、仕事が忙しい職場ですと、勉強時間を確保するのも難しいというケースもあるでしょう。コツコツと勉強していたけれど、試験日までに間に合わなかったという方も少なくありません。

4.SATの教材を試してみよう

衛生管理者は独学で勉強するほかに、通信教材を使用するという方法もあります。通信教材は模擬試験を解いて郵送すると、添削して送り返してくれるのです。SATの教材は、分かりやすくまとめらたテキストのほかに、講義形式のDVDや音声ファイルもついています。ですから、耳で聞いた方が覚えやすいという方にもお勧めでしょう。

また、テキストは常に最新の情報に毎年改訂されています。ですから、情報が古くて試験に対応できなかったということもありません。さらに、テキストも要点がまとめられていますので、時間がない方でも効率的に勉強できるでしょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は、衛生管理者のテキストの選び方などについてご紹介しました。衛生管理者の試験は、独学でも突破できます。しかし、独学で勉強を挫折してしまったという方や、必ず合格したいという方はSATの教材を利用してみてください。通常の参考書よりも高価ですが、それに見合うだけの価値はあります。