フッ化水素中毒を知りたい人集まれ!具体的な症状や対策法を伝授!

今回は、フッ化水素中毒症状や対策を、詳しくまとめています。
フッ化水素中毒について知りたい人は、ぜひこの記事を読んでください。

  1. フッ化水素中毒とは何?
  2. フッ化水素中毒の症状は?
  3. フッ化水素中毒の対策は?
  4. フッ化水素中毒の予防法は?
  5. まとめ

この記事を読むことは、フッ化水素中毒についての正しい知識を得ることになるでしょう。

1.フッ化水素中毒とは何?

最初に、フッ化水素中毒とは何かということから学びましょう。
どのような条件で起こりやすいか、についてもお話しますね。

1-1.フッ化水素を過剰に摂取することで起きる

フッ化水素中毒とは、フッ化水素を過剰に摂取することで起きる症状のことを指します。
単に日常生活を送るだけでは、フッ化水素中毒になる危険は少ないでしょう。
しかし、歯科治療などでフッ化水素を間違って投与したり仕事でかかわったりなどでまったく関係が無いとも言い切ることができません。

1-2.化学工場に従事する人は注意を

フッ化水素中毒は、化学薬品を扱う工場で発生しやすいことが特徴です。
そのため、化学薬品を扱う作業が仕事の人は、注意が必要でしょう。
仕事をするときには、取り扱いに十分気を付けてください。
ひとりの不注意が、大規模な事故につながることもあります。
フッ化水素の扱いには、特に慎重になりましょう。

2.フッ化水素中毒の症状は?

では、フッ化水素中毒の症状にはどのようなものがあるかを見ていきます。
具体的な症状を理解して、診断に役立ててください。

2-1.急性中毒症状

まずは、フッ化水素中毒の症状で、急性のものをご紹介します。

2-1-1. 咳(せき)や呼吸困難を

急性症状としては、咳(せき)が出たり呼吸困難になったりすることが代表的でしょう。
フッ化水素は呼吸器官にとって、強い刺激となります。
フッ化水素には、刺激臭があるので反射的に咳(せき)が出たりすることが多いでしょう。

2-1-2.喉(のど)の痛み

フッ化水素を吸い込むことで、喉(のど)の痛みが出ることも急性症状のひとつとなるでしょう。
フッ化水素が喉(のど)の粘膜を刺激することで、炎症を起こすからですね。

2-1-3.やけどや潰瘍(かいよう)

皮膚に付いてしまうと、やけどや潰瘍(かいよう)を起こします。
赤みや痛みが発生したり、水ぶくれのような状態になったりするでしょう。
フッ化水素は、浸透する力が強く皮膚の奥深くに浸透してしまいます。
フッ化水素が付着した場合は、すぐに大量の水で15分から30分程度洗い流してください。

2-2.慢性中毒症状

次に、フッ化水素中毒の症状で、慢性のものをご紹介しましょう。

2-2-1.骨が硬化する

フッ化水素中毒の慢性症状としては、骨が硬くなることがあります。
骨の硬化は、関節の痛みの原因となるでしょう。
また、進行すると関節が動く範囲が制限を受けることもあります。
骨の硬化は、生活の質を左右する重要なポイントになるので進行しないように注意してください。

2-2-2.斑状歯(はんじょうし)になる

フッ化水素は、歯の表面に白い斑点やしみが出る斑状歯(はんじょうし)の症状を見ることがあります。
斑状歯(はんじょうし)になると、美容の点で見た目が悪くなることがデメリットになるでしょう。
斑状歯(はんじょうし)は、歯の形成が終わっていない子どもに出やすい症状です。

3.フッ化水素中毒の対策は?

それでは、フッ化水素中毒の対策について確認しましょう。
正しい対策を学ぶことは、症状が悪化しないためにも大切です。

3-1.すぐに牛乳や水を飲む

すぐに牛乳を飲むことは、フッ化水素中毒の応急処置になります。
牛乳が含んでいるカルシウムが、フッ化水素の中のフッ素と結合して症状をやわらげてくれることでしょう。
特に、咳(せき)や喉(のど)の痛みを感じるとき有効な方法になるはずです。
牛乳が無いときは、水を飲みましょう。
牛乳のような効果はありませんが、フッ化水素を薄めるために有効です。
ただし、あくまでも応急処置ですから、必ず病院に行って胃洗浄などの適切な処置を早急に受けてください。

3-2.すぐに換気をしたり新鮮な空気を吸ったりする

フッ化水素を吸入したときは、すぐに部屋の空気を換気したり新鮮な空気を吸うために移動したりしてください。
とにかく、体内に入ったフッ化水素を速やかに体外へ排出することが大切です。
応急処置として、換気をしたり新鮮な空気を吸ったりした後は、病院にて100%加湿酸素の投与など、適切な処置を受けましょう。

3-3.皮膚に付いた場合は大量の水で洗い流す

フッ化水素は皮膚に浸透しやすいので、布で拭(ふ)くだけでは不十分。
そのまま放置することは、症状が悪化する原因になるでしょう。
皮膚にフッ化水素が付着した場合は、すぐに大量の水で洗い流すことが大切です。
このとき、溜(た)め水の中ではなく、流水で行うことを忘れないでください。
また、15分から30分程度は連続して流すことも大切です。

4.フッ化水素中毒の予防法は?

フッ化水素中毒にならないためにも、予防法についても学ぶ必要があるでしょう。
どのような方法が効果的なのか、確認してください。

4-1.フッ化水素の特徴をきちんと学ぶ

フッ化水素中毒を予防するためには、フッ化水素の特徴をきちんと学ぶことが大切です。
危険な性質を理解していないことは、事故発生の大きな原因となるでしょう。
特に、工場など多数の人が一緒に働く場所では、ひとりひとりの認識が重要になります。
フッ化水素の特徴と危険性を学ぶことを、第一に考えてくださいね。

4-2.グルコン酸カルシウムゼリーを用意する

フッ化水素を使う職場では、グルコン酸カルシウムゼリーを用意するようにしましょう。
緊急事態に、グルコン酸カルシウムゼリーを塗布することで、応急処置ができます。
グルコン酸カルシウムゼリーは、常に使用できるようにわかりやすい場所に保管してください。

5.まとめ

さて、今回はフッ化水素中毒についての知識を詳しく解説しましたが、理解していただけたでしょうか。
では、今までのポイントをまとめておきますので確認してください。

  • フッ化水素中毒についての知識を学ぶ
  • 具体的な症状には何があるかを知る
  • フッ化水素中毒の対策を学ぶ
  • フッ化水素中毒の効果的な予防法を理解する

さあ、フッ化水素中毒については、疑問や不安が解消したことでしょう。