衛生管理者の権限は? トラブルがあった場合、責任はどこまで負うの?

衛生管理者とは、労働者が健康を保ちながら衛生的に仕事をできるように、職場環境を整える職務を行うことのできる資格です。職務を全うするためには、必要とあれば経営者に意見を言うこともあるでしょう。その一方で、自分にどれだけの権限が与えられているのか分からずに悩んでいる衛生管理者の方もいると思います。

そこで、今回は衛生管理者の権限と責任について解説しましょう。

  1. 衛生管理者とはどのような資格?
  2. 衛生管理者の種類と仕事内容について
  3. 衛生管理者の権限と責任について
  4. 衛生管理者の権限と責任に対するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の仕事内容などについてもよく分かりますよ。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.衛生管理者とはどのような資格?

衛生管理者とは、前述したように従業員が健康を損ねず衛生的に仕事を行えるよう、職場環境を整える職務を担う国家資格です。従業員の安全と衛生については、労働安全衛生法という法律で保証されており、経営者も労働災害を防止するために職場の衛生管理を行う義務があります。

しかし、経営者だけでは、職場の衛生管理を十分に行うことはできません。そこで、50名以上の従業員が在籍している職場では、職種に関わらず衛生管理者の選任が必要です。従業員の雇用形態は関係ありません。パートやアルバイトが49人に正社員1名という職場でも選任が必要です。

衛生管理者とは、従業員が健康を損ねず衛生的に仕事を行えるよう職場環境を整える職務を担う国家資格なんですね。
はい。職種問わず従業員が50名以上いる職場には選任が義務づけられています。

2.衛生管理者の種類と仕事内容について

この項では、衛生管理者の種類と仕事内容について解説します。どのような仕事を行うのでしょうか?

2-1.衛生管理者の種類について

2-1-1.第一種衛生管理者

第一種一種はすべての職場で衛生管理を行うことができます。特に、鉱業(鉱山など)・塗装業・製造業(工場など)など危険を伴う仕事が多い職場では、第一種衛生管理者しか、衛生管理を行うことができません。また、第一種衛生管理者しか選任できない職場では、安全管理者の選任も義務づけられていることがほとんどです。衛生管理者は、安全管理者と協力して仕事を行うことも多いでしょう。

2-1-2.第二種衛生管理者について

二種は、小売業や通信業など危険を伴わない仕事が多い職場で衛生管理を行うことができます。近年増加し続けている介護施設や事務仕事が中心の職場は、第二種衛生管理者が衛生管理を行うことが可能です。第二種衛生管理者が衛生管理を行うことができる職場では、正社員だけでなく派遣社員が衛生管理者として選任されることもあります。

2-2.衛生管理者の仕事内容について

衛生管理者の主な仕事内容として、

  • 週に1度の職場巡視
  • 衛生委員会(安全衛生委員会)の設置
  • 健康診断の計画と実施・結果の管理
  • 産業医と従業員との橋渡し
  • ストレスチェックの内容の説明と実施補佐

などが上げられます。また、職場によっては衛生管理者自身が従業員の相談にのることもあるでしょう。

衛生管理者には第一種と第二種があるんですね。
はい。可能なら第一種を取得しておくと便利です。

3.衛生管理者の権限と責任について

この項では、衛生管理者に与えられる権限と責任について解説します。衛生管理者にはどのような権限が与えられるのでしょうか

3-1.法律で定められている権限

労働安全衛生法に基づいて作られた労働安全衛生規則第11条2項に『事業者は衛生管理者に対し、衛生に関する措置をなし得る権限を与えなければならない』という一文があります。これの解釈について悩んでいる方もいることでしょう。

また、同じ条例の中で、『衛生管理者は、少なくとも毎週1回作業場等を巡視し、設備、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければならない』とも定められています。

つまり、衛生管理者は週に1度は職場巡視を行い、その際に改善箇所を見つけた場合は、経営者に改善するように進言しなければなりません。そして、経営者はそれにしたがって職場の環境を改善する措置をとることが義務づけられています。

労働災害が起こった場合は労働基準監督署の指導が入りますし、再発防止のための措置も取るでしょう。しかし、それでは遅いのです。労働災害は未然に防いでこそ価値があります。

ですから、経営者は衛生管理者に職場の衛生管理に必要な情報を閲覧できる権限を与えましょう。また、衛生管理の不備を指摘された場合や改善方法を意見された場合は、可能な限り受け入れなくてはなりません。

3-2.労働者に対する衛生管理者の権限

経営者と同じように、労働者も衛生管理者の進言に従わなくてはならないと前述しました。労働者も同じです。衛生管理者から指導を受けたら、それに従わなくてはなりません。その一方で、労働者も衛生管理者に進言を行うことができます。衛生管理者が職場巡視を行った際、従業員から相談を持ちかけられたら、可能な限り聞きましょう。後日時間を作って改めて聞いても構いません。経営者への進言が必要な場合は、従業員の了解を取ってから進言を行います。

衛生委員会(安全衛生委員会)も、従業員の意見を経営者や衛生委員会に直接訴えられる貴重な機会です。経営者は、必ず勤務時間内に衛生委員会を月1回は開催する機会を設けなければなりません。

3-3.衛生管理者にとっての権限と責任について

さて、ここまで解説してきましたが、衛生管理者の権限は職務とほぼ同じであると気づかれた方も多いことでしょう。衛生管理者がしっかりと職務を行っていれば、権限を満たしていることになります。ですから、規則に定められた権限についてそれほど悩むことはありません。衛生管理者が職務に励んでいれば、職場の衛生管理の不備が原因で労働災害が発生する可能性は限りなく低くなります。

経営者は衛生管理者の職務を邪魔してはいけません。例えば、職場での立場を理由に衛生管理に必要な情報を提示しなかったり、面会を拒んだりすれば、権限を制限していることになるでしょう。

一方、衛生管理者は職務を真面目に行わなければ、責任を果たしていないことになります。職場巡視や健康診断の管理が形骸化してしまえば、衛生管理を行っているとはいえないでしょう。ただし、衛生管理者の権限を制限された場合や、衛生管理者の進言を聞かなかったりしても、現在のところ罰則はありません。ですから、衛生管理者の指導や進言を聞き入れてもらえるような仕組みを整えておくことも大切です。

衛生管理者には一定の権限と責任があるんですね。
はい。経営者に提言することもできます。

4.衛生管理者の資格を取得する方法

この項では衛生管理者の資格を取得する方法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

4-1.資格を取得する方法や試験の受験資格について

衛生管理者の資格を取得するには、大学の理学部など特定の学科を卒業したのち、厚生労働省が定める講習を修了する方法と、安全衛生技術試験協会が主催する資格試験に合格する方法があります。

試験は誰でも受けられるものではなく、職場の衛生管理の実務経験が必要です。その期間は学歴によって異なるため、必ず協会のホームページを確認してください。

4-2.衛生管理者の試験について

衛生管理者の試験は、全国の安全衛生技術センターで毎月実施されています。ですから、比較的チャレンジしやすいでしょう。ただし、試験の申し込みは先着順で、会場がいっぱいになってしまえば募集期間内であっても応募が打ち切られることもあります。

受験したい日がすでに決まっているのなら、早めに申し込みましょう。願書は協会のホームページ経由で郵送を申し込めるほか、全国の安全衛生技術センターでも配布されています。電子申請は行われていませんので、必ず願書を入手して郵送で申し込みをしましょう。

4-3.合格率や勉強方法について

衛生管理者の合格率は、第一種も第二種も50%を超えていますので、簡単な試験だと思われるかもしれません。しかし、衛生管理者の試験は1年で何度も挑戦できるため、合格率が高くなっているのです。勉強をおろそかにしても合格できるほど易しい試験ではありません。

衛生管理者の資格は試験を受けて取得するんですね。
はい。比較的取得しやすい資格です。

5.衛生管理者の権限と責任に対するよくある質問

Q.衛生管理者の権限が制限されていると感じられる場合、相談する機関はありますか?
A.最寄りの労働基準監督署に相談してみましょう。

Q.衛生管理者の責任を果たしていない場合は罰則などあるのですか?
A.明確な罰則はありませんが、衛生管理者として不適格と判断され、別の方が新たに選任されることもあるでしょう。

Q.衛生管理者の指導に従業員が従ってくれません。どうしたらいいでしょうか?
A.従業員の上司に働きかけてください。

Q.衛生管理者の指導や進言に従わなかった結果労働災害が起こった場合、責任は誰にありますか?
A.責任者と従業員です。

Q.衛生管理者が指導や進言を行ったという証明をしたいのですが、どうしたらよいでしょうか?
A.進言をしたという記録や指導を行った記録をつけ、職場の責任者に印鑑を押してもらってください。それが証明となります。

おわりに

今回は衛生管理者の権限や責任について説明しました。衛生管理者として職務を全うしていればそれが権限となります。つまり、職務を存分に行えない時は権限が制限されていることになりますので、改善してもらいましょう。