「 衛生管理者について 」一覧

「職場で従業員の安全や衛生の管理をする」それが衛生管理者に求められている役割です。
衛生管理者によって職場環境が正しく管理されると仕事が安全に効率良くできるようになるため、企業の利益向上に繋がることでしょう。
ですから衛生管理者にはとても重要な役割があるのです。
しかしながら、衛生管理者の資格を取得するときには必要条件として「労働衛生の実務経験」が求められます。
もし、あなたが現在、衛生管理者の資格取得を目指しているのなら、「資格取得の条件となる労働衛生の実務経験とは何か詳しく知りたい」と思うことでしょう。

そこで本日は、労働衛生の実務経験とはどういうものなのか3つのポイントを紹介します。
衛生管理者の資格取得を目指している方は是非参考にしてみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者の業務のひとつに職場巡視があります。
文字通り職場を見て回って従業員が安全に仕事に取り組めているかどうかチェックしていくのですが、
その頻度や方法、注意すべき点などはどのようなことなのでしょうか。今回はそれらについてご紹介しましょう。
衛生管理者の資格を持っている方や衛生管理者の資格取得を目指す方はぜひ読んでみてください。

続きを読む


衛生管理者は業種に関わらず一定の条件を満たした事業所ではかならず選任しなくてはなりません。
ではその専任要件にはどのようなものがあるのでしょうか。今回はそれをご紹介しましょう。
衛生管理者の資格を持っている方や、資格取得の方は参考になると思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む


今、注目を浴びている資格のひとつである衛生管理者。
業種にかかわらず一定の人数を雇用している事業所には資格者が務めている必要があります。
では、衛生管理者の必要な人数とはいったいどのくらいなのでしょうか。
今回はそれをご紹介しましょう。衛生管理者資格取得を目指している方や、すでに資格をお持ちの方はぜひ読んでみてください。

続きを読む


労働者が安心してその場で働くことができるように衛生管理や労働者への指導をおこなっていくのが「衛生管理者」の大切な役割です。
衛生管理者として働くためには資格を取得しなければなりません。
今回は衛生管理者の出題範囲となっている“有害業務”について詳しく調べてみました。
有害業務とはどのような業務なのか、有害業務に関わる法律について説明したいと思います。
衛生管理者を目指している方はぜひチェックしてください。

続きを読む


安全管理者と衛生管理者の違いをご存知ですか? どちらも50人以上の労働者がいる場所に必要というイメージがありますが、ここでは「安全管理者」と「衛生管理者」の違いについて説明したいと思います。資格取得を検討されている方や試験準備をされている方は、参考として役立ててください。

  1. 安全管理者とは?
  2. 衛生管理者とは?
  3. 安全管理者と衛生管理者の違いについて

続きを読む