「 職場環境の改善方法について 」一覧

現在の日本は、高齢化が急速な勢いで進んでいます。
現在の定年は60歳ですが、再雇用を望む方も増えているのです。
しかし、「高齢社員のモチベーションがいまひとつで、悩んでいる」という会社は少なくありません。
そこで、今回は高齢社員のモチベーションを向上させる方法をご紹介しましょう。
現在、50代以上の会社員は、高い役職に就いてがんばっていた方も多いと思います。
それが再就職によって失われてしまうとどうしてもモチベーションは下がりがちになるでしょう。
その上げ方を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 再就職の理想と現実とは?
  2. 高齢社員のモチベーション低下が招くデメリットとは
  3. 高齢社員のモチベーションを向上させるには?
  4. おわりに

続きを読む


日に日に寒さが厳しくなる季節になりました。
体調を崩す人増えるでしょう。
さて、これから春先まで気をつけなければならない感染症といえば、インフルエンザです。
社会人になれば、少々の体調不良では休めないということもあるでしょう。
しかし、インフルエンザにかかったまま出社すれば、感染を広めるだけです。
そこで、今回は職場のインフルエンザ対策についてご説明します。
職場でガイドラインを統一すれば決して難しいことではありません。
衛生管理者など職場の健康を管理する立場にある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. インフルエンザと普通のかぜの違いとは?
  2. インフルエンザが流行しやすい職場とは?
  3. インフルエンザの流行を防ぐための対策とは?
  4. おわりに

続きを読む


労災とは、就業中に発生した事故や仕事が原因で発症した病気で治療が必要になることです。
労災が発生した場合は、会社もすみやかに労働者が労災にあったことを報告して、保険金を給付しなければなりません。
しかし今、労災隠しを行う企業も多いのです。
そこで、今回は労災隠しが行われる理由や発覚した場合の罰則などをご紹介します。
実は、労災隠しは企業にとってもデメリットしかないのです。
また、労災の中には認められるまで何年もかかるものもあります。
衛生管理者の方や職場で労災にかかわる仕事をしている方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 労災保険って何?
  2. 労災とはどのようなものを指すのか?
  3. 労災隠しとは?
  4. 労災隠しが行われる理由とは?
  5. 労災隠しのデメリットとは?
  6. 労災隠しをされた場合はどうしたらいいの?
  7. おわりに

続きを読む


「就職氷河期」という言葉はだいぶ前に聞かれなくなりましたが、それでも就職活動の厳しさは続いています。
長い時間をかけて、内定を取る方も多いでしょう。
しかし、新卒の離職率は決して低いとはいえないのです。
それはいったいなぜでしょうか?
そこで、今回は新卒者が短期間で仕事をやめてしまう理由や、離職を防ぐ方法をご紹介します。
新卒者が短期間で辞職してしまうと、本人や人事部が非難されがちです。
しかし、本当に本人のやる気がないだけだったり人事部の見る目がないだけだったりが離職の理由なのでしょうか?
答えはこの記事を読めば分かりますよ。

  1. 離職率って何?
  2. 新卒の離職率はどのくらいなの?
  3. 新卒者が離職する理由とは?
  4. 新卒者の離職を防ぐ方法とは?
  5. おわりに

続きを読む


パソコンの普及により、仕事中はほとんど座りっぱなしという方も珍しくありません。
また、体を動かすイメージの強い製造業や農業も、仕事内容によっては座りっぱなしです。
しかし、デスクワークをしていると肩や腰が痛くなる人は多いでしょう。
そこで今回は、デスクワークが原因の健康被害とその対策方法をご紹介します。
デスクワークで使うのは、目と脳と指先だけです。
ですから、「疲れっこない」という方もいると思います。
しかし、本当にそうでしょうか?
答えはこの記事を読めば分かりますよ。

目次

  1. デスクワークは年々長時間化している?
  2. 座りっぱなしの悪影響とは?
  3. デスクワークによる健康被害を防止する対策とは?
  4. おわりに

続きを読む


「社員満足度」は働きやすい職場環境をつくるために必要不可欠です。
最近では、重労働や残業、ブラック企業などの言葉をよく聞くようになりました。
従業員・社員は企業にとって大切な存在になります。
だからこそ、社員満足度を上げるために衛生管理者が仕事をしなければなりません。
そこで、社員満足度の基準や社員満足度を向上するための施策、社員満足度を向上する注意点・ポイントについて説明します。

目次

  1. 社員満足度の基準
  2. 社員満足度を向上するための施策
  3. 社員満足度を向上する際の注意点やポイント
  4. まとめ

続きを読む


今、仕事をするうえで最も大切なものは「コミュニケーション能力」と言われています。
しかし、「わが社の従業員はどうもコミュニケーション能力が低い」と思っている経営者の方も少なくないでしょう。
また、プライベートでは多弁なのに、職場にではほとんど口をきかないという方もいます。
では、どうすれば職場のコミュニケーションが活性化するのでしょうか?
そこで、今回はその方法をご紹介します。
職場のコミュニケーションが活発化しにくい理由も同時にご紹介しましょう。
興味がある方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. なぜ、職場ではコミュニケーションがうまくいきにくいのか?
  2. 職場で求められるコミュニケーション能力とは?
  3. 職場のコミュニケーションを活性化させる方法とは?
  4. おわりに

続きを読む


従業員が50人以上いる職場では、産業医を選任することが法律で義務付けられています。
最近は、体の不調だけでなく心の不調で仕事に支障が出る方も少なくありません。
産業医に求められる役割は、以前より多岐にわたっています。
では、どうすれば自分の職場にあった産業医を選べるのでしょうか?
そこで、今回は会社に合った産業医の選び方のポイントをご紹介します。
産業医に選任できる医師の条件や産業医にできることも一緒にご紹介しましょう。
衛生管理者の方や産業医をこれから選ばなければならないという方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

目次

  1. 産業医とは?
  2. 産業医はどうやって選任すればいいの?
  3. 会社に合った産業医の選び方とは?
  4. おわりに

続きを読む


従業員の昇格や昇給を考えるとき、目安となるのが「勤務態度」です。いくら仕事ができても、勤務態度が悪い従業員に責任ある立場を任せられない、と考えている経営者は多いでしょう。

そこで今回は、勤務態度を評価する方法や注意点をご紹介します。勤務態度がよい従業員を高く評価すれば、会社全体のモチベーションもアップするでしょう。しかし、評価方法を間違えると逆効果になるので、注意が必要です。

また、評価項目の種類もご紹介します。衛生管理者や部下の評価をする必要がある上司の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 勤務態度とは?
  2. 勤務態度の評価項目は?
  3. 勤務態度を評価する際の注意点
  4. 勤務態度が悪い従業員への指導方法は?

続きを読む


1988年に導入されたフレックスタイム制は、「働く時間を自分で決められる制度」として大きな話題になりました。
しかし、導入から17年目の現在、思ったほどフレックスタイム制を取り入れている会社は増えていません。
それはいったいなぜでしょうか?
そこで、今回はフレックスタイム制のメリットとデメリットをご紹介します。
また、フレックスタイム制を取り入れるために行っておくべきことや、注意点などもご紹介しましょう。
興味がある方や従業員の健康管理を行っている衛生管理者の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. フレックスタイム制とはどんな制度?
  2. フレックスタイム制のメリットデメリットとは?
  3. 失敗しないフレックスタイム制の導入方法とは?
  4. おわりに

続きを読む