「 衛生管理者資格試験対策について 」一覧

「衛生管理者の試験を受けたいけれど、試験会場が遠い」と感じている人もいると思います。衛生管理者の試験はほぼ毎月行われますが、試験会場は全国に7か所しかありません。住んでいる場所によっては、泊りがけで受験をする必要があります。ただし、年に1度出張試験が行われるので、それを利用してもよいでしょう。

今回は、衛生管理者の試験が行われる会場や申し込み方法・注意点などを解説します。この記事を読めば、衛生管理者の試験勉強のコツなどもよく分かるはずです。衛生管理者を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. 衛生管理者の試験場所は?
  2. 試験の申し込み方法は?
  3. 衛生管理者の試験対策は?

続きを読む


職種に関わらず50人以上の従業員が所属している職場では、必ず衛生管理者を選出しなくてはなりません。ですから大企業ほど衛生管理者の資格保持者の需要は高いでしょう。第一種衛生管理者や、第二種衛生管理者の資格取得を目指して勉強に励んでいる方も多いと思います。衛生管理者の受験勉強はテキストを購入して、独学する方も多いでしょう。その時に大切となるのが、テキスト選びです。

そこで今回は、衛生管理者の受験勉強におすすめのテキストをご紹介しましょう。衛生管理者の試験に合格しやすいテキストとはどのようなものでしょうか?

  1. 衛生管理者の受験資格や試験内容は?
  2. 衛生管理者の受験勉強の仕方は?

続きを読む


従業員が50人以上在籍している職場では、必ず選出しなければならない衛生管理者。
職種を問わずすべての職場に必要なので、資格を取得しておいて損はありません。
衛生管理者の試験は決して難しいわけではありませんが、勉強しないで受かるほど甘くありません。
衛生管理者の試験に合格するためには、過去問題を繰り返し解くことが大切です。
そこで今回は衛生管理者の試験内容についてご説明しましょう。
いったいどのような試験問題が出て、なぜ過去問題を繰り返し解くことが大切なのでしょうか?
この記事を読めば答えがわかりますよ。

目次

  1. 衛生管理者の試験とは?
  2. 過去問を解くことはなぜ重要か
  3. 過去問はどうやったら手に入るの?
  4. 衛生管理者に合格するための勉強のコツとは?
  5. おわりに

続きを読む


衛生管理者の資格取得を目指しているが、何だか難しそうな気がして躊躇している。衛生管理者の難易度はそれほど高くないと聞いていたので安心していたら、不合格になってしまった。こんな経験がある人はいませんか? 衛生管理者は国家試験の中では珍しく、毎月試験があり、比較的合格しやすいといわれています。しかし、だからといって一夜漬けの勉強で合格できるほど、甘いものではありません。

今回は、衛生管理者の難易度や合格に必要な知識を効率良く身につけるための勉強方法を紹介します。

  1. 衛生管理者の難易度は?
  2. 衛生管理者の試験に合格するためには?
  3. 衛生管理者の難易度に関するよくある質問

この記事を読めば、勉強と仕事を両立するコツもよく分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてください。

衛生管理者の難易度はどのくらい?

続きを読む


あなたは今、第一種衛生管理者の資格を取得したいと思っていますか?
労働安全法により、50人以上の労働者がいる職場では専任の衛生管理者が必要です。
そのため、第一種衛生管理者の資格を持っていると、あなたの昇給や昇進に有利に働きます。
でも、いざ資格を取得するとなると色々考えてしまいますよね。
「どれくらい難しい試験なのだろうか?」「自分でも合格することができるだろうか?」と不安に感じるかもしれません。
そこでこの記事では、あなたが安心して第一種衛生管理者の資格取得を目指すことができるように、この資格の難易度や効果的な勉強方法をご紹介します。

続きを読む


資格を取得される際に多くの方が気にされるのは、難易度と合格するために必要な勉強時間ではないでしょうか?
まず、結論から申し上げます。
書店で販売されている過去問題集を使った場合、早い方で第一種では一日2時間の学習で3か月~4か月程度。

第二種では同様の学習時間で2、3か月程度です。 
ただ、ここには、落とし穴があります。
単純に学習時間さえ確保すれば合格するのでしたらみなさん資格取得に苦労されないわけです。
他の国家資格もそうですが、合格まで必要な勉強時間というのは実はあまり参考になりません。
司法試験が分かりやすい例で、何年も受からないかたもいれば、一年の猛勉強で合格される強者もいるわけです。

続きを読む