安全管理体制や健康診断の問題もあり、事業主は「常時使用する労働者の人数」を把握しておく必要があります。ここで問題なのが「常時使用する労働者」の定義についてです。

「パートやアルバイトも常時使用する労働者としてカウントされるのか?」「派遣社員を含めると50名を超えてしまう事業所では衛生管理者の選任義務があるのか?」「契約期間が決まっているアルバイトにも健康診断を受けさせなければならないのか?」

事業主様のそんな悩みや疑問を解消するために「常時使用する労働者」に関する情報をまとめてみたいと思います。常時使用する労働者の定義や衛生管理者の資格試験についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 常時使用する労働者の定義について
  2. 派遣社員・パート・アルバイトは該当する?
  3. 健康診断の対象となるのはどこまで?
  4. 衛生管理者の選任が必要な事業所について
  5. 衛生管理者の資格試験について

続きを読む


労働者の安全と健康を確保するために“労働安全衛生法”が定められています。労働者たちに快適な職場環境づくりの基準についても記載されているとても大切な法律です。さらに、労働者たちの精神的負担を減らすため、2014年には一部改正され、ストレスチェックの実施が義務化されました。厚生労働省の発表によると2015年12月からストレスチェック義務化法が施行されます。ストレスチェックとはどのようなものなのか、詳しく説明しましょう。

  1. ストレスチェック制度について
  2. 企業がやるべきこと
  3. ストレスチェックの重要性・注意点
  4. まとめ

続きを読む


「衛生管理者の試験を受けたいけれど、試験会場が遠い」と感じている人もいると思います。衛生管理者の試験はほぼ毎月行われますが、試験会場は全国に7か所しかありません。住んでいる場所によっては、泊りがけで受験をする必要があります。ただし、年に1度出張試験が行われるので、それを利用してもよいでしょう。

今回は、衛生管理者の試験が行われる会場や申し込み方法・注意点などを解説します。この記事を読めば、衛生管理者の試験勉強のコツなどもよく分かるはずです。衛生管理者を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. 衛生管理者の試験場所は?
  2. 試験の申し込み方法は?
  3. 衛生管理者の試験対策は?

続きを読む


職種に関わらず50人以上の従業員が所属している職場では、必ず衛生管理者を選出しなくてはなりません。ですから大企業ほど衛生管理者の資格保持者の需要は高いでしょう。第一種衛生管理者や、第二種衛生管理者の資格取得を目指して勉強に励んでいる方も多いと思います。衛生管理者の受験勉強はテキストを購入して、独学する方も多いでしょう。その時に大切となるのが、テキスト選びです。

そこで今回は、衛生管理者の受験勉強におすすめのテキストをご紹介しましょう。衛生管理者の試験に合格しやすいテキストとはどのようなものでしょうか?

  1. 衛生管理者の受験資格や試験内容は?
  2. 衛生管理者の受験勉強の仕方は?

続きを読む


衛生管理者の任務は従業員に安全で健康的に仕事をしてもらうこと。
その為に必要なのが安全衛生活動です。
では、安全衛生活動とは具体的にどのようなことをするのでしょうか?
今回は事例を紹介しながら職場の安全活動についてご紹介します。
安全衛生活動計画の立て方などもご紹介しますので、職場の衛生管理を担当されている方や衛生管理者の皆様はぜひ参考にしてください。また、衛生管理者を目指す方も読んでおいて損はありません。

目次

  1. 安全衛生活動とは?
  2. 安全衛生活動の事例と効果とは?
  3. 衛生管理者が気を付けることとは?
  4. おわりに

続きを読む


安全で健康的に仕事をすることは、労働者の権利でもあります。労働者が安全に、健康的に仕事をするためには、労働衛生の3管理を守ることが大切です。

そこで今回は、労働衛生管理や労働衛生対策についてご紹介します。労働衛生対策をしっかりと行うことは、結局は会社の利益につながると言いますが、それはいったいなぜでしょうか? また、衛生管理者の役割にはどんなものがあるのでしょう?労働衛生管理者の方や労働衛生管理者の資格取得を目指している方は必見です。

  1. なぜ、労働衛生対策は重要なのか?
  2. 労働衛生の3管理とは?
  3. 衛生管理者にできることは?
  4. おわりに

続きを読む


労働基準法に基づくと、雇用者は従業員に対して安全で健康的な環境で仕事をさせる義務があります。
安全は職場環境を整えることで守れますが、労働者の健康はどのように管理したらよいのでしょうか?
そこで今回は職場の健康管理の方法についてご紹介します。
従業員の健康管理というと真っ先に健康診断が思い浮かびますが、それ以外にも安全や健康を守る方法があるのでしょうか?
また、従業員の健康管理は衛生管理者の職務のひとつです。
衛生管理者や衛生管理者を目指している方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. なぜ、従業員の健康管理が必要なのか?
  2. 従業員の健康管理のポイントとは?
  3. 健康診断後のフォローの仕方のコツ
  4. おわりに

続きを読む


従業員が50人以上在籍している職場では、必ず選出しなければならない衛生管理者。
職種を問わずすべての職場に必要なので、資格を取得しておいて損はありません。
衛生管理者の試験は決して難しいわけではありませんが、勉強しないで受かるほど甘くありません。
衛生管理者の試験に合格するためには、過去問題を繰り返し解くことが大切です。
そこで今回は衛生管理者の試験内容についてご説明しましょう。
いったいどのような試験問題が出て、なぜ過去問題を繰り返し解くことが大切なのでしょうか?
この記事を読めば答えがわかりますよ。

目次

  1. 衛生管理者の試験とは?
  2. 過去問を解くことはなぜ重要か
  3. 過去問はどうやったら手に入るの?
  4. 衛生管理者に合格するための勉強のコツとは?
  5. おわりに

続きを読む


職場環境職場の管理をする人にとって、従業員が働きやすい職場環境を作り出すことは大切な仕事です。
従業員がメンタル面でのストレスを抱えたまま仕事を続けることは、職場としても非効率的なことではないでしょうか。
事業者や衛生管理者として職場の改善提案を打ち出す必要性に迫られることもあるでしょう。

  • 労働環境の改善を目指しているが具体的にどうしたらいいのか分からない
  • 職場改善の事例にはどのようなものがあるのか知りたい
  • 全職員が働きやすい職場にするためにはどのような方法があるのか

今回はそんな悩みをお持ちの方のために、職場環境の改善に関する情報をまとめてみたいと思います。

目次

  1. 職場における衛生管理者の役割について
  2. 職場環境を改善することの重要性について
  3. どのような改善方法があるのか
  4. まとめ

続きを読む


労働災害労働災害という言葉をテレビのニュースや新聞などで効いたことがある人は多いでしょう。
しかし、その定義を知っている方は少ないとおもいます。
そこで今回は労働災害についてご説明しましょう。労働災害とはどういうものかということや労働災害事例などをご紹介しながら、多くの職場で取り組まれている防止の取り組みなどもご説明していきます。
また労働災害を防止するのために職場の衛生管理者ができることなどもご紹介していきますので、衛生管理者の方や衛生管理者の資格取得を目指している方の参考にもなるでしょう。

目次

  1. 労働災害とは?
  2. 労働災害の変化とは?
  3. 労働災害を防ぐために出来ることとは?
  4. おわりに

続きを読む