「 衛生管理について 」一覧

事業主や衛生管理者は、労働基準法でどのように定められているのか、きちんと知っておく必要があるでしょう。
特に労働時間に関しては、長時間労働による過労死やうつ病の発生を予防するために、上限が定められています。
労働基準法では労働時間についてどう定められているのか、主な制度にはどのようなものがあるのか、休憩時間についての法規制はどうなっているのか、まとめてご紹介しましょう。

  • 労働基準法で定められている労働時間は何時間?
  • 労働基準法ではどのくらいの残業が認められているのか?
  • 労働基準法違反をするとどうなるのか知りたい

そんな事業主や衛生管理者の方々は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

目次

  1. 労働基準法の労働時間について
  2. 主な制度について
  3. 休憩時間についての法規則
  4. 労働基準法違反となるのはどのようなケースか
  5. まとめ

続きを読む


企業が正しい知識を持って対処しなければならないこととして、感染症の問題が挙げられます。
感染症対策を間違えてしまうと大変な事態に陥ってしまうこともあるでしょう。

そこで、事業主や衛生管理者であれば必ず知っておきたい感染予防対策や感染症対策の基本についてご紹介します。
感染症対策には早急な対処が求められるため、現時点では特に知識が必要ない方も万が一の事態に備えてチェックしてみてくださいね。

目次

  1. 感染症の種類
  2. 感染症の予防
  3. 社員が感染症にかかってしまったら
  4. まとめ

続きを読む


  • 事業の業績が順調に伸びたので、従業員を増やすことにした。
  • 事業者を統合したので、従業員が増えた。

このような場合は、求められる業務も増していきます。
特に従業員が50人以上の事業所は選任しなければならない有資格者もいるのです。
それはいったい何でしょう?そこで今回は従業員50人以上の事業所に義務付けられている業務と、選任しなければならない役職をご紹介します。
これは、従業員だけでなく経営者のためでもあるのです。
これから従業員が増えるという事業所の責任者の方はぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

目次

  1. 従業員が50人以上いる事業所で選任しなければならない役職とは?
  2. 職場における衛生管理とは?
  3. おわりに

続きを読む


安全管理体制や健康診断の問題もあり、事業主は「常時使用する労働者の人数」を把握しておく必要があります。ここで問題なのが「常時使用する労働者」の定義についてです。

「パートやアルバイトも常時使用する労働者としてカウントされるのか?」「派遣社員を含めると50名を超えてしまう事業所では衛生管理者の選任義務があるのか?」「契約期間が決まっているアルバイトにも健康診断を受けさせなければならないのか?」

事業主様のそんな悩みや疑問を解消するために「常時使用する労働者」に関する情報をまとめてみたいと思います。常時使用する労働者の定義や衛生管理者の資格試験についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 常時使用する労働者の定義について
  2. 派遣社員・パート・アルバイトは該当する?
  3. 健康診断の対象となるのはどこまで?
  4. 衛生管理者の選任が必要な事業所について
  5. 衛生管理者の資格試験について

続きを読む


多くの職場で実施されている「安全衛生管理体制」。どのような制度なのか知っていますか? 安全衛生管理体制とは一定の条件を満たしている職場で実施しなければならない制度で、従業員が安全に、そして健康に働くことができるよう職場内を整える為の制度です。しかしながら、その詳しい内容について知らない方も多いと思います。

そこで本日は、労働安全衛生法によって規制される安全衛生管理体制について詳しく解説致しましょう。安全衛生管理体制の具体的な内容や安全衛生管理体制を整備するための取り組みなどについてもご紹介しますので是非参考にしてみてください。

続きを読む


「学校で子供達に安全な食事を提供する」

これが学校給食の役割です。

しかしながら、学校で提供された給食が原因で食中毒が発生してしまった事例も報告されているため、学校給食の安全性を心配している保護者もいるようですね。

学校給食衛生管理基準は学校給食の安全性を確立するために作られた法律です。これは学校保健法に基づいて平成9年に文部科学省が制定しました。

学校給食を守るために作られた学校給食衛生管理基準。その具体的な内容を知りたいと思いませんか?

そこでこの記事では、特徴的な学校給食衛生管理基準の内容を4つご紹介致します。学校給食の衛生管理方法について知るために是非お役立てください。

続きを読む


労働安全衛生法は、労働者の安全と健康を確保し、快適な職場環境づくりを促進することを目的として定められた法律です。もし、職場が労働安全衛生法に違反している環境であれば、法律違反として罰則が科せられることになります。その罰則には、具体的にどのような内容があるのでしょうか。本記事では、労働安全衛生法の罰則を詳しく解説します。

  1. 労働安全衛生法の目的を知ろう!
  2. 労働安全衛生法の罰則は?
  3. 労働安全衛生法における違反とは?
  4. 労働安全衛生法に関してよくある質問

この記事を読むことで、労働安全衛生法の罰則と違反内容が分かります。どんな内容が罰則の対象になるのか、知りたい方は要チェックです。

続きを読む


一定の規模の職場では必ず選任しなければいけない「統括安全衛生管理者」。ではその職務はどのようなものなのでしょうか。今回はそれをご説明しましょう。衛生管理者の資格取得を目指している方ならば、覚えておく必要があるものです。ぜひ読んでみてくださいね。

  1. 統括安全衛生管理者とは?
  2. 統括安全衛生管理者の職務は?
  3. 統括安全衛生管理者を選任するには?
  4. 統括安全衛生管理者に関するよくある質問

続きを読む


私たちが毎日働いているオフィスのような部屋は、快適に仕事ができるように季節によって室温が決められています。

これは“労働安全衛生法”と呼ばれている法律で定められているのです。労働安全衛生法は第一章から第五章まで記載されており、温度については第二章、事務室の環境管理における第四条と第五条の三項にきちんと記されています。

では、労働安全衛生法において室温はどのように決められているのか詳しくみていきましょう。

  1. 室温が10度以下の場合は温度調節が必須
  2. 室温は必ず「28度以下」
  3. 増えて続けている室内熱中症
  4. 室温が適正でないと起こる問題は?
  5. よくある質問

続きを読む


ビルの解体や住宅建設現場を見ると、高い場所に足場を設置し作業する人がたくさんいますね。
傍から見るととても危険に感じますが、このような仕事に携わる人は、きちんと法律によって安全面が確保されているのをご存知でしょうか。
その中でも本日は、労働中の災害を防止し働きやすい環境作りのために制定されてている、労働安全衛生規則についてまとめました。

続きを読む