「 衛生管理について 」一覧

仕事は安全が第一ですが、仕事が原因で病気になったり体が不自由になったりすることもあるでしょう。
仕事が原因で病気になることを、疾病労災といいます。
そこで、今回は疾病労災についてご説明しましょう。
ひとくちに病気、といってもいろいろな種類があるのです。
また、たとえ休暇中に病気で亡くなっても疾病労災と認められることもあるでしょう。
その理由もご説明します。労災の種類や定義について知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 疾病労災とは?
  2. 疾病労災の認定基準とは?
  3. 労災と認められない場合は?
  4. 疾病労災を防ぐためにはどうしたらいいの?
  5. おわりに

続きを読む


年々、離職率が高くなってきています。
離職率とは、仕事に就いていた人たちが一定期間どのくらい仕事を辞めたのかを表している指標です。
せっかく新人が入ってきたのに次々と辞めていってしまいます。
会社や企業は、従業員がいるからこそ営業できるものです。
なぜ、年々離職率が上がってきているのか、主な原因について説明します。
また、離婚率が高い会社の共通点、離職率を下げるための職場環境の改善点についてもチェックしましょう。

目次

  1. 離職率を上げる主な原因
  2. 離職率が高い会社の共通点
  3. 離職率を下げるための職場環境の改善点
  4. まとめ

続きを読む


新入社員
新年度が始まって、3か月が過ぎました。
新入社員も仕事に慣れてきたころだと思います。
しかし、ストレスから体調を崩したりストレスが原因で退職まで考えたりする新入社員も少なくありません。
そこで、今回は新入社員のストレスをケアする方法などをご紹介します。
衛生管理者ができることとは、何でしょうか?
また、新入社員のストレスケアを行う効果などもご紹介します。
衛生管理者の方や新入社員を指導している方はぜひこの記事を読んで、新入社員とのコミュニケーションの参考にしてください。

目次

  1. 新入社員がストレスを感じやすいケースとは?
  2. 新入社員がストレスをためすぎると……?
  3. 新入社員のストレスケアはどうすればいい?
  4. おわりに

続きを読む


ストレス数年前からニュースなどで話題になることが多くなったブラック企業。
「もしかして自分が勤めている会社はブラック企業ではないか?」と思う人も増えているそうです。
では、ブラック企業の定義とは何でしょうか?
そこで、今回はブラック企業とはどういう会社を指すのか、ということをご説明します。
ブラック企業が「当たり前」になってしまうと労働者全員が疲弊(ひへい)し、将来は日本社会全体の活力がなくなってしまうでしょう。
自分はブラック企業で働いているのではないか?と思う方や転職を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

目次

  1. ブラック企業の定義とは?
  2. ブラック企業の問題点とは?
  3. ブラック企業の見分け方とは?
  4. おわりに

続きを読む


職業によっては、働いているうちに特定の病気にかかりやすくなるものもあります。
このような病気の総称を「職業病」というのです。
その職業に就かなければ発症しない病気もあれば、その職業に就いた場合は発症率が上がる病気もあります。
そこで、今回は職業病の種類や症状、さらに対策の立て方などをご紹介しましょう。
現在は、対策しだいで職業病の発症や重症化を防ぐことも可能です。
また、衛生管理者の役割についてもご説明しますので、資格取得を目指している方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 職業病の種類とは?
  2. 職業病の問題点とは?
  3. 職業病と労災認定について
  4. 職業病を防止するために、衛生管理者ができることとは?
  5. おわりに

続きを読む


世の中にはたくさんの仕事があります。
仕事内容によっては、体に有害な物質を扱ったり大きな音や粉じんなどが出たりすることもあるでしょう。
そこで、労働安全衛生法では条件に当てはまる職場で、労働衛生保護具を使用するように定めています。
そこで、今回は労働衛生保護具の種類や、保護具を使用しなければならない職場の条件などをご紹介しましょう。
衛生管理者を目指している方は、知っていなければならないこともたくさん出てきますよ。
ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 労働衛生保護具とは?
  2. 労働衛生保護具の種類とは?
  3. 労働衛生保護具の選び方
  4. 労働衛生保護具を使用する際の注意点
  5. おわりに

続きを読む


事業主や衛生管理者は、労働基準法でどのように定められているのか、きちんと知っておく必要があるでしょう。
特に労働時間に関しては、長時間労働による過労死やうつ病の発生を予防するために、上限が定められています。
労働基準法では労働時間についてどう定められているのか、主な制度にはどのようなものがあるのか、休憩時間についての法規制はどうなっているのか、まとめてご紹介しましょう。

  • 労働基準法で定められている労働時間は何時間?
  • 労働基準法ではどのくらいの残業が認められているのか?
  • 労働基準法違反をするとどうなるのか知りたい

そんな事業主や衛生管理者の方々は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

目次

  1. 労働基準法の労働時間について
  2. 主な制度について
  3. 休憩時間についての法規則
  4. 労働基準法違反となるのはどのようなケースか
  5. まとめ

続きを読む


企業が正しい知識を持って対処しなければならないこととして、感染症の問題が挙げられます。
感染症対策を間違えてしまうと大変な事態に陥ってしまうこともあるでしょう。

そこで、事業主や衛生管理者であれば必ず知っておきたい感染予防対策や感染症対策の基本についてご紹介します。
感染症対策には早急な対処が求められるため、現時点では特に知識が必要ない方も万が一の事態に備えてチェックしてみてくださいね。

目次

  1. 感染症の種類
  2. 感染症の予防
  3. 社員が感染症にかかってしまったら
  4. まとめ

続きを読む


  • 事業の業績が順調に伸びたので、従業員を増やすことにした。
  • 事業者を統合したので、従業員が増えた。

このような場合は、求められる業務も増していきます。
特に従業員が50人以上の事業所は選任しなければならない有資格者もいるのです。
それはいったい何でしょう?そこで今回は従業員50人以上の事業所に義務付けられている業務と、選任しなければならない役職をご紹介します。
これは、従業員だけでなく経営者のためでもあるのです。
これから従業員が増えるという事業所の責任者の方はぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

目次

  1. 従業員が50人以上いる事業所で選任しなければならない役職とは?
  2. 職場における衛生管理とは?
  3. おわりに

続きを読む


安全管理体制や健康診断の問題もあり、事業主は「常時使用する労働者の人数」を把握しておく必要があります。ここで問題なのが「常時使用する労働者」の定義についてです。

「パートやアルバイトも常時使用する労働者としてカウントされるのか?」「派遣社員を含めると50名を超えてしまう事業所では衛生管理者の選任義務があるのか?」「契約期間が決まっているアルバイトにも健康診断を受けさせなければならないのか?」

事業主様のそんな悩みや疑問を解消するために「常時使用する労働者」に関する情報をまとめてみたいと思います。常時使用する労働者の定義や衛生管理者の資格試験についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 常時使用する労働者の定義について
  2. 派遣社員・パート・アルバイトは該当する?
  3. 健康診断の対象となるのはどこまで?
  4. 衛生管理者の選任が必要な事業所について
  5. 衛生管理者の資格試験について

続きを読む