「 衛生管理について 」一覧

特別教育とは、厚生労働省令で定める危険な業務、もしくは有害な業務に労働者を就かせる場合、経営者が労働者に受けさせなければならない教育のことを指します。特別教育は、労働安全衛生法や労働安全衛生規則で教育科目や実施時間が定められており、原則として勤務時間内に行わなければなりません。

今回は、安全衛生の特別教育を受ける必要がある職種や内容、実施している機関などを解説しましょう。

  1. 特別教育の基礎知識
  2. 特別教育の種類などについて
  3. 安全管理者・衛生管理者の役割
  4. 特別教育に対するよくある質問

この記事を読めば、特別教育の重要性や目的もよく分かります。衛生管理者や安全管理者を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


健康管理手帳とは、仕事が原因でガンをはじめとする健康障害を発症する恐れのある方が離職後に交付してもらうことができるものです。取得すれば、在職時に受けていた特殊健康診断と同じ内容の健康診断を、無料で受けることができます。健康障害の原因が体内に入ってから症状が出るまで、時間がかかることも珍しくありません。ですから、健康管理手帳の交付条件を満たしている方は、申請をしておきましょう。

今回は、健康管理手帳を交付してもらうメリットや交付対象について解説します。

  1. 健康管理手帳とは、どのようなもの?
  2. 健康管理手帳の交付などについて
  3. 健康管理は自分で行う
  4. 衛生管理者の役割
  5. 健康管理手帳に対するよくある質問

この記事を読めば、健康管理手帳の交付を受けられる職場についてもよく分かるでしょう。衛生管理者を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


有害化学物質とは、人体や環境に悪影響を与える化学物質の総称です。現在、築地市場の移転先である豊洲で問題になっているのも、有害化学物質の一種になります。また、公害病の原因も有害化学物質であり、現在は環境省が中心となって対策が取られているのです。職場で有害化学物質を取り扱う場合は、労働安全衛生法に基づいて対策が行われます。

そこで、今回は有害化学物質の対策について解説しましょう。

  1. 有害化学物質の基礎知識
  2. 有害化学物質の管理について
  3. 衛生管理者とはどのような資格?
  4. 有害化学物質対策に関するよくある質問

この記事を読めば、対策方法の具体例なども分かります。衛生管理者を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


有機溶剤とは、主に油・樹脂・塗料などの水に溶けない物質を溶かすために使われる溶剤です。強い匂いを持ち、揮発しやすい特徴があるものが多く、石油・灯油・シンナーなども有機溶剤の一種になります。この有機溶剤が揮発した蒸気を吸ったり肌に触れたりした際、発生するのが有機溶剤中毒です。高濃度の有機溶剤を吸えば急性中毒になることは広く知られていますが、低濃度の有機溶剤を長期間吸い続けていても、慢性中毒になることがあります。

そこで、今回は有機溶剤の症状や種類・予防方法などを紹介しましょう。

  1. 有機溶剤って何?
  2. 有機溶剤中毒について
  3. 有機溶剤中毒を予防する方法
  4. 有機溶剤中毒に対するよくある質問

この記事を読めば、有機溶剤を取り扱っている職場での衛生管理者の役割も分かりますよ。衛生管理者の資格取得を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


快適職場づくりとは、労働安全衛生法第71条の2や3で経営者の努力義務に定められているものです。仕事による疲労やストレスを感じにくい職場が理想とされ、快適職場指針も定められています。この指針に沿って、職場の環境改善を目指している衛生管理者の方もいることでしょう。

そこで、今回は快適職場づくりを行うメリットや、職場環境の改善をスムーズに行う方法を紹介します。

  1. 快適職場づくりっていったい何?
  2. 快適職場づくりをスムーズに行うコツ
  3. 衛生管理者の役割や資格を取得する方法
  4. 快適職場づくりに対するよくある質問

この記事を読めば職場の環境改善を行う際、気をつけることなども分かることでしょう。衛生管理者の資格取得を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


安全衛生管理組織とは、職場の安全管理や衛生管理が円滑に行えるように整備されるものです。会社の衛生管理や安全管理は経営者の義務ですが、従業員がたくさん所属している事業所ほど、安全衛生管理組織の整備が大切になります。安全管理者や衛生管理者を選任するのはもちろんのこと、従業員の意見を反映できる組織を整備することも必要です。

そこで、今回は安全衛生管理組織について解説しましょう。

  1. 安全衛生に関する基礎知識
  2. 安全衛生管理組織について
  3. 組織図について
  4. 衛生管理者や安全管理者の資格について
  5. 安全衛生管理組織に対するよくある質問

この記事を読めば、職場の安全管理や衛生管理をスムーズに行うために必要な人数や職務についても分かりますよ。安全管理や衛生管理の仕事をしている方や、安全管理者や衛生管理者の方もぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


店社安全衛生管理者とは、安全に仕事をすることが難しい建設現場のうち、少人数で仕事を行う場所で選任が必要です。建設現場は事故など労働災害が起こりやすい職場ですので、就業している人数が少なくても、安全衛生を管理する者が必要になります。

今回は、店社安全衛生管理者の仕事内容や選任条件をご紹介しましょう。

  1. 店社安全衛生管理者について
  2. 店社安全衛生管理者の仕事内容
  3. 店社安全衛生管理者に選任される方法
  4. 店社安全衛生管理者に対するよくある質問

この記事を読めば、建設現場での安全衛生管理の大切さもよく分かりますよ。建設現場で働いているという方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


安全配慮義務とは、会社が従業員が安全かつ衛生的に働くことができるように職場環境を整える義務のことです。労働災害が起こったとき、安全配慮義務を怠っていると判断されれば、企業は多額の賠償金を払わなくてはならないこともあります。安全配慮義務というと、事故防止のための対策をイメージする方も多いですが、近年では従業員の精神的な負担にならないような働き方も、安全配慮義務の一環として重要視されているのです。

そこで、今回は安全配慮義務が企業側にある根拠や職場で行う活動、違反した場合の罰則などをご紹介しましょう。

  1. 安全配慮義務の基礎知識
  2. 安全配慮義務の内容について
  3. 安全配慮義務に違反すると?
  4. 安全配慮義務の課題について
  5. 安全配慮義務に対するよくある質問

この記事を読めば、職場環境を整備する大切さも分かりますよ。職場の安全衛生に関係する職務に就いている方や、衛生管理者を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


労働災害とは、勤務中や通勤中に起こったケガ・疾病・障害・死亡などの総称です。労働者は、誰もが安全で衛生的に仕事を行う義務があり、仕事が原因でケガや疾病などが起こった場合は、速やかに対処をして予防策を取らなくてはなりません。技術の進歩により、危険な労働が原因で発生するケガや疾病は減少傾向にあります。その一方で、長時間勤務やパワハラなどの過重労働が原因で起こる労災は増加傾向にあり、対策が急がれている問題です。

そこで、今回は労働災害を防止する方法や、予防対策などをご紹介しましょう。

  1. 労働災害の基礎知識
  2. 労働災害を防止する取り組み
  3. 衛生管理者や安全管理者について
  4. 労働災害防止に関するよくある質問

この記事を読めば、労災防止の大切さや労災を予防する対策方法なども分かりますよ。

続きを読む


救急用具とは、職場でケガ人や急病人が出た際に、応急手当をするための用具です。包帯や消毒薬・傷薬などがあります。職場には、労働安全衛生規則で救急用具の設置が義務づけられているのです。しかし、何を設置してよいか悩んでいる方はいませんか?

そこで、今回は職場に設置する救急用具について解説しましょう。

  1. 救急用具に関する基礎知識
  2. 救急用具の設置方法について
  3. 救急用具を購入する方法
  4. 救急用具に関するよくある質問

この記事を読めば、救急用具の設置方法や管理方法がよく分かります。職場の衛生管理や安全管理を行っている方は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む