「 衛生管理について 」一覧

労働者にとって、安全・安心な職場を整えることはとても大切なことです。安全・安心な労働環境を整えるために、大きな役割を担っているのが「衛生委員会」と言われています。衛生委員会は、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに設置しなければなりません。衛生委員会の定義や目的などの知識を把握することで、快適かつ安全な労働環境を整えることができるでしょう。

本記事では、衛生委員会の基礎知識や設置方法・議題・関連する資格などについて説明します。

  1. 衛生委員会の基礎知識
  2. 衛生委員会の設置について
  3. 衛生委員会の議題について
  4. 衛生委員会に関連する資格は?
  5. 衛生委員会に関してよくある質問

この記事を読むことで、衛生委員会の役割を果たすために必要な知識を身につけることができます。安全衛生委員会の議題について知りたい方や資格取得を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


私たちの暮らしは、あらゆる場面で明かりに照らされているものです。明かりがあることで文字・形・色など、さまざまな情報を得ています。しかし、どこまで明るくすれば適切であるのかは、場所やシチュエーションによって大きく異なるものです。そこで、今回は、照度基準について詳しく解説します。基本のJIS照度基準や新しい基準の目的や理由などについて、理解しましょう。

  1. 照度基準の基礎知識
  2. 照度基準の詳細について
  3. 照度基準の新しい基準について
  4. 照度基準に関するよくある質問

この記事を読むことで、照度基準に関する正しい知識が身に付き、適切に活用できるようになります。場所やシチュエーションごとに適切な照度を設定できるので、日常生活や仕事が快適になるでしょう。とても役に立つ内容なので読んでみてください。

続きを読む


特別教育とは、厚生労働省令で定める危険な業務、もしくは有害な業務に労働者を就かせる場合、経営者が労働者に受けさせなければならない教育のことを指します。特別教育は、労働安全衛生法や労働安全衛生規則で教育科目や実施時間が定められており、原則として勤務時間内に行わなければなりません。

今回は、安全衛生の特別教育を受ける必要がある職種や内容、実施している機関などを解説しましょう。

  1. 特別教育の基礎知識
  2. 特別教育の種類などについて
  3. 安全管理者・衛生管理者の役割
  4. 特別教育に対するよくある質問

この記事を読めば、特別教育の重要性や目的もよく分かります。衛生管理者や安全管理者を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


有害化学物質とは、人体や環境に悪影響を与える化学物質の総称です。現在、築地市場の移転先である豊洲で問題になっているのも、有害化学物質の一種になります。また、公害病の原因も有害化学物質であり、現在は環境省が中心となって対策が取られているのです。職場で有害化学物質を取り扱う場合は、労働安全衛生法に基づいて対策が行われます。

そこで、今回は有害化学物質の対策について解説しましょう。

  1. 有害化学物質の基礎知識
  2. 有害化学物質の管理について
  3. 衛生管理者とはどのような資格?
  4. 有害化学物質対策に関するよくある質問

この記事を読めば、対策方法の具体例なども分かります。衛生管理者を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


快適職場づくりとは、労働安全衛生法第71条の2や3で経営者の努力義務に定められているものです。仕事による疲労やストレスを感じにくい職場が理想とされ、快適職場指針も定められています。この指針に沿って、職場の環境改善を目指している衛生管理者の方もいることでしょう。

そこで、今回は快適職場づくりを行うメリットや、職場環境の改善をスムーズに行う方法を紹介します。

  1. 快適職場づくりっていったい何?
  2. 快適職場づくりをスムーズに行うコツ
  3. 衛生管理者の役割や資格を取得する方法
  4. 快適職場づくりに対するよくある質問

この記事を読めば職場の環境改善を行う際、気をつけることなども分かることでしょう。衛生管理者の資格取得を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


安全衛生管理組織とは、職場の安全管理や衛生管理が円滑に行えるように整備されるものです。会社の衛生管理や安全管理は経営者の義務ですが、従業員がたくさん所属している事業所ほど、安全衛生管理組織の整備が大切になります。安全管理者や衛生管理者を選任するのはもちろんのこと、従業員の意見を反映できる組織を整備することも必要です。

そこで、今回は安全衛生管理組織について解説しましょう。

  1. 安全衛生に関する基礎知識
  2. 安全衛生管理組織について
  3. 組織図について
  4. 衛生管理者や安全管理者の資格について
  5. 安全衛生管理組織に対するよくある質問

この記事を読めば、職場の安全管理や衛生管理をスムーズに行うために必要な人数や職務についても分かりますよ。安全管理や衛生管理の仕事をしている方や、安全管理者や衛生管理者の方もぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


安全配慮義務とは、会社が従業員が安全かつ衛生的に働くことができるように職場環境を整える義務のことです。労働災害が起こったとき、安全配慮義務を怠っていると判断されれば、企業は多額の賠償金を払わなくてはならないこともあります。安全配慮義務というと、事故防止のための対策をイメージする方も多いですが、近年では従業員の精神的な負担にならないような働き方も、安全配慮義務の一環として重要視されているのです。

そこで、今回は安全配慮義務が企業側にある根拠や職場で行う活動、違反した場合の罰則などをご紹介しましょう。

  1. 安全配慮義務の基礎知識
  2. 安全配慮義務の内容について
  3. 安全配慮義務に違反すると?
  4. 安全配慮義務の課題について
  5. 安全配慮義務に対するよくある質問

この記事を読めば、職場環境を整備する大切さも分かりますよ。職場の安全衛生に関係する職務に就いている方や、衛生管理者を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


救急用具とは、職場でケガ人や急病人が出た際に、応急手当をするための用具です。包帯や消毒薬・傷薬などがあります。職場には、労働安全衛生規則で救急用具の設置が義務づけられているのです。しかし、何を設置してよいか悩んでいる方はいませんか?

そこで、今回は職場に設置する救急用具について解説しましょう。

  1. 救急用具に関する基礎知識
  2. 救急用具の設置方法について
  3. 救急用具を購入する方法
  4. 救急用具に関するよくある質問

この記事を読めば、救急用具の設置方法や管理方法がよく分かります。職場の衛生管理や安全管理を行っている方は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


労働者には安全で衛生的な環境で仕事を行う権利があり、経営者は安全で衛生的な職場環境を整える義務があります。技術の進歩により、職場でのケガや有害物質が原因で発症する病気などは少なくなりました。その反面、長時間労働やパワハラが原因の健康被害や、精神の不調は増えています。

今回は、労働者の健康管理を行う重要性や、社員の健康管理を担う職務について解説しましょう。

  1. 労働者の健康管理とは?
  2. 労働者の健康管理を行う職務について
  3. 労働者の健康管理に関するよくある質問

この記事を読めば、職場の環境改善や労働者の健康管理の重要性がよく分かります。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


現在、長時間の残業や度重なる休日出勤など、心身の健康を損なうような働き方を社員に強要させる会社が問題となっています。従業員に課すことができる労働時間は、労働基準法によって決められており、その決まりは36条に明記されていることから、36協定と呼ばれているのです。36協定は残業や休日出勤を従業員に行ってもらう際、必ず締結しなければなりません。しかし、36協定を締結する条件や内容を知らない方も多いと思います。

そこで、今回は36協定の内容や締結しなければならない働き方、違反した場合の罰則などをご紹介しましょう。

  1. 36協定の基礎知識
  2. 36協定の内容とは?
  3. 36協定の問題点と衛生管理者の役割
  4. 36協定に関するよくある質問

この記事を読めば、法律的に正しい働き方や残業代を払う基準なども分かりますよ。衛生管理者の資格を目指す方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む