「 衛生管理について 」一覧

労働者は、安全にそして衛生的に働ける権利があります。しかし、職種によっては努めて職場管理を行わないと安全と衛生がたもてないところもあるでしょう。そのために安全管理者や衛生管理者の選任が必要ですが、従業員の数によっては選任が難しいところもあります。そんな職場で選任されるのが安全衛生推進者です。

そこで、今回は安全衛生推進者の役割や選任されるために必要な資格などをご紹介します。

  1. 安全衛生推進者とは?
  2. 安全衛生推進者の具体的な職務とは?
  3. 安全衛生推進者になるためには?
  4. 安全衛生推進者の選任資格を得ることのメリット
  5. 安全衛生推進者の資格を取得するには?
  6. 労働衛生・労働安全コンサルタントとは?
  7. 衛生管理者の資格とは?
  8. ​安全衛生推進者に関するよくある質問

安全管理者や衛生管理者になるには、講習を受けたり資格が必要だったりしますが、安全衛生推進者はどうでしょう。安全衛生推進者を専任しなければならない職場の方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

続きを読む


労働安全衛生規則とは、厚生労働省が労働の安全性について定めた規則です。
「労働安全衛生法」や「労働安全衛生法施行令」の内容をより具体的にしたものになります。
安全管理者や衛生管理者は、この労働安全衛生規則に従って職場の安全と衛生を管理するのです。
そこで、今回は労働衛生規則の内容などについて、詳しくご紹介していきましょう。

  1. 労働安全衛生規則とは?
  2. 労働安全衛生規則の内容とは?
  3. 労働安全衛生規則に沿った具体的な取り組みとは?
  4. 労働安全衛生規則に関するよくある質問

労働安全衛生規則は、何か災害や事故が起こるたびに増えていきます。
ですから、労働安全、衛生にかかわる方ならば新しい規則が追加されるたびに目を通しておく必要があるのです。
これから労働安全、衛生にかかわる方もこの記事を読めば大体の内容をつかむことができるでしょう。
ぜひ目を通してみてくださいね。

続きを読む


私たちは、誰もが安全に衛生的に仕事をする権利があります。
その権利を守るのが安全衛生法であり、法律に基づいて実際に職務を行うのが衛生管理者です。
しかし、従業員が多い職場ほど衛生管理の職務は大変になっていくでしょう。
そこで、一定数以上の従業員が在籍している職場では、総括安全衛生管理者の専任が必要になります。
今回はこの総括安全衛生管理者の認定基準や職務、役割、専任できる条件などをご紹介しましょう。 
今は、技術の発達により職場での危険は少なくなっています。しかし、全くなくなったというわけでもありません。

  1. 総括安全衛生管理者とは?
  2. 総括安全衛生管理者とよく間違えられる職務とは?
  3. 総括安全衛生管理者とともに仕事をする職務とは?
  4. 総括安全衛生管理者に関するよくある質問

安全意識の高まりによって職場の安全・衛生の職務を担う職種も増えています。
その中にはよく似た名前の職務もあるので混乱してしまう方もいるでしょう。
この記事を読めば、どのような条件のときにどのような職務を担う人を専任すればよいのか分かりますよ。
衛生管理者を目指している方もぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


cd01009e-f175-4875-84b3-6d06b40ae799ある一定の時期に騒がれる「食中毒」ですが、年中を問わずに発生します。その原因のひとつが「ブドウ球菌」です。今回は、このブドウ球菌に注目してみましょう。どういった経緯で感染し、どうすれば予防できるのかお教えします。

  1. ブドウ球菌の種類
  2. ブドウ球菌による食中毒の症状
  3. ブドウ球菌食中毒の予防策

続きを読む


会社は、年1回従業員に健康診断を受けさせなくてはなりません。
これは、労働基準法で定められた決まりです。
しかし、職場の環境によっては、年1回の健康診断では従業員の体調を把握しきれないところもあります。
そのような職場が行うのが特殊健康診断です。
そこで、今回はその検査項目をご紹介します。
また、いったいどのような職場が特殊健康診断をしなければならないのでしょうか?
興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 健康診断と特殊健康診断の違いとは?
  2. 特殊健康診断の項目とは?
  3. 健康診断の結果、異常が見つかった場合は?
  4. 健康診断をできるだけ全員に受けてもらうための注意点とは?
  5. おわりに

続きを読む


 血液は、健康のバロメーターです。
健康診断では必ず血液を採取しますし、血液の数値に異常が出る病気はたくさんあります。
そこで、今回は血液の成分やそれぞれの働きなどをご紹介しましょう。
特に、衛生管理者は従業員の健康診断の結果を管理しています。
血液の数値の読み方が分かれば、従業員の健康状態の把握もしやすくなるでしょう。
今回は、血液に異常が現れやすい病気などもご紹介します。
ぜひこの記事を読んで健康維持に役立ててみてください。

  1. 血液の働きとは?
  2. 血液の各成分の働きとは?
  3. 血液型の違いとは?
  4. 血液の異常で分かる病気とは?
  5. おわりに

続きを読む


衛生管理者は職場で働く人たちの安全を確保しなければなりません。
従業員は衛生管理者がいるからこそ、安心して働くことができます。
もし、熱傷などの労災が起きても迅速な対応が必要です。
これから、熱傷時の応急処置や熱傷のレベル・深度判定、熱傷と労災について詳しく説明しましょう。
衛生管理者資格取得のために勉強している人は、ぜひ参考にしてください。衛生管理者として働くためには必要な知識です。

  1. 熱傷時の応急処置
  2. 熱傷のレベルと深度判定
  3. 熱傷と労災について
  4. まとめ

続きを読む


今は、いたるところで24時間営業したり活動したりしている企業があります。
代表的なのは救急病院などの医療施設ですが、そのほかにもコンビニや工場などでも24時間営業のところも多いでしょう。
そのような場所で働く場合はシフト制を組むことがほとんどです。
しかし、シフト勤務は就業時間が不規則になりやすい分、健康への影響が心配という方も多いでしょう。
そこで、今回はシフト勤務の健康への影響についてご説明します。
通常の勤務と比べてどのような危険性があるのでしょうか?
また、シフト勤務の残業代や休日についてもご紹介します。
これからシフト勤務で働くという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. シフト勤務とは、どういう働き方?
  2. シフト勤務の深夜残業や法定休日とは?
  3. シフト勤務は寿命を縮める?
  4. シフト勤務をする人の健康管理の方法とは?
  5. おわりに

続きを読む


国の調査によると、女性の育児休業(育休)の取得率は、83.6%(2012年度)。数字上は、着実に定着しているように見えます。安倍首相も女性が活躍する社会の実現を掲げていますから、これからも支援策が講じられていくでしょう。ただ、もう少し育休の内情を見つめると、いろんな課題もあるようです。現状と課題に迫ってみました。

  1. 育休の現状
  2. 育休制度がかかえる課題
  3. 育休制度の今後
  4. まとめ

続きを読む


衛生管理者は、社員の心と体の健康状態を管理することも大切な仕事です。
しかし、職場におけるストレスが原因で体調を崩し、欠勤を繰り返す社員が多いのが現状。
衛生管理者として、欠勤の多い社員にどう対処すればよいのでしょうか。

  • 欠勤の多い社員がいて困っている
  • 欠勤が多い社員への対策を知りたい
  • 欠勤が多いことを理由に解雇することはできるのか?

そんな人たちのために、勤怠不良を放置してはいけない理由や欠勤が多い社員への指導方法をまとめてみたいと思います。

目次

  1. 勤怠不良を放置してはいけない理由
  2. 欠勤が多い社員への指導方法
  3. 欠勤が多いことを理由に解雇できるのか
  4. まとめ

続きを読む


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?