「 安全対策について 」一覧

今回は、フッ化水素中毒症状や対策を、詳しくまとめています。
フッ化水素中毒について知りたい人は、ぜひこの記事を読んでください。

  1. フッ化水素中毒とは何?
  2. フッ化水素中毒の症状は?
  3. フッ化水素中毒の対策は?
  4. フッ化水素中毒の予防法は?
  5. まとめ

この記事を読むことは、フッ化水素中毒についての正しい知識を得ることになるでしょう。

続きを読む


建築や電気工事の仕事をしていると、高い場所で作業をすることも珍しくありません。これを「高所作業」といいますが、平地で作業をするよりもどうしても事故は起こりやすくなるでしょう。

そこで、今回は労働安全衛生法における高所作業の定義や安全対策についてご説明します。皆様が思っている以上に、高所作業の基準は厳しいのです。職業柄高所で作業することが多いという方や工事の責任者になることが多い方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 労働安全衛生法における高所作業の定義
  2. 高所作業の事故事例
  3. 高所作業の安全対策

続きを読む


人間に危険をおよぼす職場では安全が第一です。
職場の安全を守るためにも、必要な知識を身につけなければなりません。
安全衛生のキーワードには「指差呼称」という言葉があります。
職場でのミスやヒューマンエラーを防止するためにも指差呼称について知りましょう。これから、指差呼称の効果ややり方、定着、目的など詳しく説明していきます。
職場での安全対策に関係する人はぜひ参考にしてください。

  1. 指差呼称の効果
  2. 指差呼称のやり方
  3. 指差呼称の定着と目的
  4. まとめ

続きを読む


製造業・建築業など、作業にかかわる方々は酸素欠乏症とは無縁だと捉(とら)えているケースが目立ちます。しかし、酸素欠乏症は身近で発生しやすい病気で、万が一かかってしまっても後遺症を残さない素早い応急処置を覚えておくことも大切です。
作業現場での酸素欠乏症を予防するための対策も知っておくといいでしょう。安全に業務を行うためのポイントをご紹介します。

  1. 酸素欠乏症とは
  2. 酸素欠乏症の危険がある作業
  3. 酸素欠乏症の原因と対策
  4. まとめ

続きを読む


金属中毒とは、体の中に多量の金属が取りこまれることによって発生します。
金属というと、冷たくて固いものを思い浮かべる方も多いでしょう。
しかし、金属も高温で熱すれば蒸発します。
また、細かく削れば粉末にもなるでしょう。
さらに、水銀のように液体状の金属もあります。
ですから、比較的容易に体の中に取りこまれやすいです。
そこで、今回は金属中毒の種類や原因、予防法や治療法をご紹介します。
職場によっては金属中毒になりやすいところも少なくありません。
衛生管理者の方もぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 金属中毒とは?
  2. 金属中毒の原因とは?
  3. 金属中毒を起こしやすいものとは?
  4. 金属中毒を予防するには?
  5. おわりに

続きを読む


事故やトラブルで人の命が危険になったとき、“一次救命処置”が大切になります。
一次救命処置をするかしないかで、命の危険度が大きく変わるのです。
そこで、一次救命処置の目的や内容・手順、処置をする際の注意点について詳しく説明します。
一次救命処置について知りたい人や衛生管理者資格取得のために勉強している人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 一次救命処置の目的
  2. 一次救命処置の内容や手順
  3. 一次救命処置の注意点
  4. まとめ

続きを読む


職場は、多くの方が長時間過ごす場所です。また、仕事に責任があるため、少しぐらい具合が悪くても出勤してしまう方もいるでしょう。ですから、職場で体調が悪くなることもあります。特に、意識不明になると大変です。

そこで、今回は意識不明者の応急処置の方法についてご紹介しましょう。意識を失った時点では命に別状がなかったのに、対処が悪いと重篤(じゅうとく)な症状になることもあります。また、現場ですぐに対処しなければならないこともあるでしょう。衛生管理者以外の方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 意識不明になる原因は?
  2. 救急処置の仕方
  3. うかつに触れてはいけないケース
  4. 意識を取り戻したとしても病院を受診させる
  5. おわりに

続きを読む


振動障害とは、振動する電気工具などを使い続けてきた人に現れやすい障害です。
日本では、昔からチェーンソーを長時間使う林業にたずさわる方が、発症しやすい障害として有名でした。
今回は、振動障害を予防する方法や発症してしまった人がいる場合の対策をご紹介します。
振動障害は、労災です。
しかし、症状が出るまでに時間がかかるので、退職後に症状が出る人も少なくありません。
衛生管理者の方はぜひこの記事を参考に、予防と対策をしてみてください。

  1. 振動障害とは?
  2. 振動障害の症状の現れ方とは?
  3. 振動障害の予防対策とは?
  4. 振動障害が発症してしまったら?
  5. おわりに

続きを読む


運動していると不意なことでけがをします。けがをした部分は、止血する必要があるのです。そこで、止血法を知っておきましょう。止血法を知っておけば試験の知識・応急処置に役立ちますよ!

  1. 止血の基本
  2. 止血方法の種類
  3. 部位別の止血法とは
  4. 止血法の注意点
  5. まとめ

続きを読む


私たちが普段使っている製品を製造するためには、さまざまな化学物質が使われます。
その中には、体に有害な物質も少なくありません。
そこで、今回は化学物質が原因で起こる中毒や健康障害についてご説明しましょう。
化学物質による健康障害は、即効性のものばかりではありません。
物質によっては障害が出るまでに時間がかかるものもあるのです。
また、化学物質のリスクアセスメントもご紹介しましょう。
衛生管理者の方や化学物質を扱う職場で働いている方は、ぜひこの記事を読んで対策の参考にしてください。

  1. 化学物質による中毒とは?
  2. 化学物質による健康障害とは?
  3. 化学物質のリスクアセスメントとは?
  4. 衛生管理者ができることは?
  5. おわりに

続きを読む