「 衛生管理者について 」一覧

衛生管理者は国家資格の1つで、労働環境・労働条件の改善や、従業員の健康状態を管理する大切な役割を担っています。工場・事業場などで職務を的確に行い、安全衛生水準の向上を図るためには、衛⽣管理者自身も必要な教育を受けなければなりません。衛⽣管理者の資格取得後に受ける教育を、「能⼒向上教育」といいます。では、具体的にどんなときにどんな教育を受けるのでしょうか。

本記事では、衛⽣管理者の能力向上教育について解説します。

  1. 衛⽣管理者の基礎知識
  2. 衛⽣管理者の能力向上教育とは?
  3. 衛⽣管理者の能力向上教育の内容
  4. 能力向上教育を受ける方法は?
  5. 衛⽣管理者に関してよくある質問

この記事を読むことで、衛⽣管理者の能力向上教育について詳しく知ることができます。気になっている方や資格取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む


労働者は、衛生的かつ健康的に仕事を行う権利があります。衛生管理者とは、そのために職場環境を整える仕事を担うことができる国家資格です。職種に関係なく従業員が50名以上所属している職場には選任が必要なため、資格を取得すれば転職にも有利でしょう。さて、衛生管理者を新しく選任した場合、最寄りの労働基準監督署に選任報告をする必要があります。
今回は、専任報告の届出方法を中心に、衛生管理者の取得方法などを解説しましょう。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の選任義務について
  3. 衛生管理者の選任報告について
  4. 衛生管理者の選任報告に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、衛生管理者を選任した後に必要な手続きがよく分かります。衛生管理者の資格取得を目指している人はぜひ、読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者とは、従業員が衛生的かつ健康的に働けるように職場環境を整える仕事ができる資格です。職種に関わらず従業員が50名以上所属している職場には、有資格者の選任が義務づけられています。また、資格を取得すれば職場手当が付くところも多いので、取得を目指す人もたくさんいることでしょう。

今回は、衛生管理者の資格について資格手当の相場を中心に解説します。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の資格手当について
  3. 衛生管理者の資格取得方法
  4. 衛生管理者や資格手当に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者を取得するメリットもよく分かることでしょう。衛生管理者の資格取得を目指す人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


特定化学物質とは、労働安全衛生法によって指定された健康被害を起こす可能性の高い化学物質の総称です。第1類~第3類に分類されており、製造や取り扱いを行う事業所では、特定化学物質作業主任者が作業方法などの指導を行います。特定化学物質を扱っている工場に勤務している人の中には、作業主任者の資格を取得するように求められている人もいるでしょう。
そこで、今回は特定化学物質や特定化学作業主任者について解説します。

  1. 特定化学物質の定義
  2. 特定化学物質の取り扱いにかんする資格について
  3. 特定化学物質に対するよくある質問
  4. おわりに

この記事を読めば、特定化学物質の種類や作業主任者の取得方法もバッチリ分かるでしょう。特定化学物質作業主任者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


ヒューマンエラーとは、人為的ミスのことです。人間が作業を行う以上、完全に防ぐことはできません。しかし、よりエラーが少なくなるよう対策を立てることは可能です。また、ヒューマンエラーの危険性を従業員に教育することも、発生防止に役立つことでしょう。

今回は、ヒューマンエラーの分類と対策について解説します。

  1. ヒューマンエラーの基礎知識
  2. ヒューマンエラーの対策について
  3. ヒューマンエラーが発生した場合の対処方法
  4. ヒューマンエラーに対するよくある質問

この記事を読めば、ヒューマンエラー対策はバッチリですよ。安全管理者や衛生管理者の方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


福祉施設とは、子どもや高齢者・障碍者に福祉サービスを提供する施設の総称です。一昔前までは児童福祉施設や障碍者福祉施設が多かったのですが、近年では高齢者福祉施設が毎年のように増加しています。それに伴い、福祉施設で働く人々も増えてきて、労災も増加傾向にあるのです。

そこで、今回は福祉施設における衛生管理の重要性や、労災防止のために行うことなどを解説します。

  1. 福祉施設って何?
  2. 福祉施設における衛生管理とは
  3. 衛生管理者の資格を取得する方法
  4. 福祉施設の衛生管理に対するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理の大切さもよく分かることでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


労働衛生とは、労働者が健康に働き続けられるように作業環境や労働条件を整えることです。一定数以上の従業員が所属している職場には、労働衛生を管理するために、衛生管理者や安全管理者・産業医などの選任が義務づけられています。「工場など危険が伴う作業ならともかく、オフィスワークに労働衛生管理が必要なのか?」と思う方もいるかもしれません。しかし、どのような職場でも働き方や職場環境によっては、従業員の健康を損ねる恐れがあります。

そこで、今回は労働衛生やその管理の仕方についてご紹介しましょう。

  1. 労働衛生管理の基礎知識
  2. 労働衛生管理の内容とは?
  3. 衛生管理者の仕事や資格取得方法
  4. 労働衛生管理に関するよくある質問

この記事を読めば、労働衛生管理の大切さも分かりますよ。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者は、職種を問わず従業員が50名以上所属している職場には、必ず選任が義務づけられている資格です。大企業ほど需要が高く、有資格者の確保に苦労している事業所もあるかもしれません。中には、「派遣社員を衛生管理者に選任したい」と思っているところもあることでしょう。

そこで、今回は衛生管理者の外部委託についてご紹介します。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の委託について
  3. 衛生管理者を自社の社員以外から選任する方法
  4. 衛生管理者の外部委託に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の資格を生かして働く方法も分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


運送業とは、主に車を利用して人や貨物を運ぶ仕事全般を指します。日本にはさまざまな運送業者があり、毎日人や貨物が全国各地へ運ばれていくのです。運送業で使う自動車はトラックやバスなど大型のものが多いので、事故が起これば大きな被害が出るでしょう。そのため、従業員が50名以上所属している運送業者の事業所には、第一種衛生管理者の選任が義務付けられています。

そこで、今回は運送業の事業所で働く衛生管理者の仕事などをご紹介しましょう。

  1. 運送業における衛生管理者の仕事は?
  2. 運送業における労働災害とは?
  3. 第一種衛生管理者の資格を取得するには?
  4. 衛生管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の仕事内容がよく分かりますよ。衛生管理者の資格取得を目指す方も是非読んでみてくださいね。

続きを読む


近年は技術の進歩により、職場で肉体的な危険にさらされたり病気やケガなどの労働災害が起こったりすることは少なくなりました。その一方で、ストレスが原因で病気を発症したり精神的に不安定になったりして労働災害と認定されるケースが増えてきています。そのため、2014年(平成26年)の6月から従業員が50名所属している職場では、ストレスチェックが義務化されました。

今回は、企業が行うストレスチェックにおける衛生管理者の役割についてご紹介しましょう。

  1. ストレスチェックの基礎知識
  2. 衛生管理者の役割
  3. 衛生管理者の資格について
  4. ストレスチェックに関するよくある質問

この記事を読めば、ストレスチェックを職場に導入する際に必要な衛生管理者の役割が分かります。衛生管理者の方や衛生管理者を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む