衛生管理者の資格を取得したら、次は社会保険労務士(以下、社労士)の資格にチャレンジしたいと思っている人はいませんか? また、社労士の資格を取得したので、試験合格のために身につけた知識を利用して衛生管理者の資格を取得したいと考えている人もいると思います。

そこで今回は、衛生管理者と社労士の試験に共通する項目や、2つの資格を取得するメリットなどを紹介しましょう。

  1. 衛生管理者と社労士の共通点と違い
  2. 社労士と衛生管理者の資格試験の共通点と違い
  3. 衛生管理者の試験と勉強のコツ
  4. 衛生管理者と社労士に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者と社労士の難易度の違いや、受験資格なども分かります。衛生管理者と社労士、2つの資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。
続きを読む


衛生管理者は、従業員が50名以上所属している職場で選任が必要な資格です。衛生管理者資格を活用し、転職活動をしたい人もいるでしょう。その場合、「資格を保持していることをアピールしたいけど、履歴書をどのように書いていいか分からない」と迷っている人もいると思います。

今回は、衛生管理者の資格を活用して転職をする場合の履歴書の書き方を紹介しましょう。

  1. 衛生管理者資格の履歴書への書き方
  2. 衛生管理者の資格と転職への活用方法
  3. 衛生管理者の資格取得方法
  4. 衛生管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の資格取得方法も分かります。衛生管理者の資格を取得したい人や、衛生管理者の資格を活用して就職活動をしたい人はぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者は、職種問わず50名以上の従業員が所属している事業所で選任が必要な資格です。事業が順調で従業員が増え、新たに衛生管理者を選任しなければならないところもあるでしょう。また、「事業所に所属する従業員の人数が多いので、衛生管理者を何人選任してよいか分からない」と悩んでいるところもあると思います。

そこで今回は、衛生管理者の選任人数について紹介しましょう。

  1. 衛生管理者の仕事内容や職務の重要性
  2. 衛生管理者の設置基準
  3. 衛生管理者の資格区分と取得方法
  4. 衛生管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の仕事内容や資格取得方法も分かります。衛生管理者の選任について知りたい人や、衛生管理者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者は、職種問わず50名以上の従業員が所属している事業所に選任が必要です。「事業所の人数が増えて衛生管理者の選任が必要になったが、専属でないと不可なのか」「衛生管理者が、複数の事業所を兼任できる条件を知りたい」など、衛生管理者の選任について疑問がある人もいるでしょう。

今回は、衛生管理者が専属である理由や、複数の事業所を兼任できる条件などを紹介します。

  1. 衛生管理者の選任基準について
  2. 衛生管理者の職務と重要性
  3. 衛生管理者の資格取得方法
  4. 衛生管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の資格取得方法も分かるでしょう。衛生管理者の選任について知りたい人はぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


会社は、健康診断を従業員に受けさせる義務があります。しかし、「パートやアルバイトにも健康診断を受けさせなければならないの?」「健康診断で行わなければいけない検査は何?」など、健康診断に関する疑問を持っている人もいるでしょう。

そこで今回は、労働安全衛生法に定められている、健康診断の種類や回数、健康診断を受けさせなければならない従業員の基準などを紹介します。

  1. 労働安全衛生法に定められた健康診断の決まり
  2. 労働安全衛生法に定められた健康診断の種類
  3. 健康診断の項目について
  4. 健康診断後に会社が行うこと
  5. 労働安全衛生法に基づく健康診断に関するよくある質問

続きを読む


介護施設では、どのような感染症対策が行われているかご存じでしょうか。介護施設は高齢者でも体が弱く、感染症にかかりやすい人が多くいます。万が一、施設内で流行してしまえば大変なことになるため、予防対策をきちんと行う必要があるのです。今回は、介護施設の感染症対策について詳しく解説します。

  1. 介護施設で注意すべき感染症は?
  2. 介護施設における感染症予防の重要性
  3. 介護施設の感染症予防対策
  4. 介護施設の感染症予防における衛生管理者の役割
  5. 介護施設の感染症予防に関するよくある質問

この記事を読むことで、介護施設の感染症予防についてよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む


衛生管理者の資格取得目指して勉強している人の中には、「関係法令の勉強が進まない」「法律の勉強が難しい」と悩んでいる人もいることでしょう。衛生管理者試験に出題される法令の問題は、衛生管理者として働くときも役立つものばかりです。試験勉強のためだけでなく、資格を活用して働くためにも法令は覚えておきましょう。今回は、衛生管理者の試験に出題される関係法令の内容について解説します。

  1. 衛生管理者の関係法令は「労働安全衛生法」
  2. 衛生管理者試験で出題される関係法令の問題
  3. 関係法令の勉強方法は過去問の反復がおすすめ
  4. 衛生管理者の試験概要
  5. 衛生管理者や関係法令に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者試験の勉強方法についてもよく分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者の資格を取得するには、国家試験に合格しなければなりません。仕事をしながらの受験勉強は、なかなか勉強時間が作れず、不十分な準備で試験に挑むケースが多いでしょう。しかし、衛生管理者資格試験の出題傾向やポイントを押さえておけば、合格の可能性が高くなります。

そこで本記事では、衛生管理者試験の出題傾向とポイントを解説しましょう。

  1. 衛生管理者試験の出題傾向を解説!
  2. ライフスタイルに合った勉強方法を選ぼう
  3. 衛生管理者の受験資格と試験の受け方
  4. 衛生管理者の出題傾向や試験に関してよくある質問

この記事を読むことで、衛生管理者の試験内容や出題傾向などが分かります。受験を検討している方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む


「衛生管理者の資格に興味があるが、種類や違いを知りたい」とお考えではありませんか。衛生管理者は、職場における衛生管理の専門家として必要な資格です。しかし、衛生管理者は、種類ごとに受験資格や職務・資格取得方法が異なります。

そこで今回は、衛生管理者の種類と取得方法について詳しく解説しましょう。

  1. 衛生管理者の種類
  2. 衛生管理者の職務や選任義務
  3. 第一種・第二種衛生管理者は国家試験を受験
  4. 衛生工学衛生管理者の所定の講座を受講する
  5. ​衛生管理者の種類に関するよくある質問

この記事を読むことで、衛生管理者の種類についてよく分かり、資格取得に向けて効率よく準備することができます。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む


衛生管理者は、50名以上の従業員が所属している職場で選任が義務づけられている資格です。職種は関係ないので、取得してキャリアアップにつなげたいと思っている人も多いことでしょう。しかし、資格は活用できなければ意味がありません。

今回は、衛生管理者の取得方法や、資格の活かし方を紹介します。

  1. 衛生管理者の資格の活かし方
  2. 衛生管理者の資格の難易度や取得のメリット
  3. 衛生管理者の資格取得方法
  4. 衛生管理者の活かし方に関するよくある質問

この記事を読めば、資格取得の方法についてもよく分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む